ベアメタルサーバー

ベアメタルサーバーのサポート情報

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

チュートリアル

ベアメタルサーバーの基本的な使い方をご覧いただけます。

サービス説明書

ベアメタルサーバーの各種仕様や、高度な使い方をご覧いただけます。

APIリファレンス

ベアメタルサーバーをAPI経由で使用するためのリファレンスです。

既知の事象

よくある質問

  • RHEL8で yum や dnf を実行するとエラーが出ます。対処策はありますか。ECL2.0, OS, vSphere/Hyper-V, サーバーインスタンス, ベアメタルサーバー / 運用

    RHEL8テンプレートをご利用のお客様で yum や dnf コマンドを実行した際、下記の様なエラーが出る場合には、お客様にて対処策を実施頂く必要があります。

    [エラーメッセージ] – Curl error (56): Failure when receiving data from the peer for https://rhcds-sr-vip-<リージョン名>.ecl.ntt.com.local/pulp/repos/content/dist/rhel8/rhui/8/x86_64/appstream/os/repodata/repomd.xml
    [OpenSSL SSL_read: error:14094415:SSL routines:ssl3_read_bytes:sslv3 alert certificate expired,errno 0]

     

    [対処策] RHUIと接続する際の証明書に原因があると考えられます。
    以下の手順を実施頂くことで yum や dnf コマンドがエラー無く実行可能となります。

    ①今はいっている期限切れのrpmをいったん削除(<リージョン名>はjp1等が入ります)
    (コマンド) rpm -e rh08-sr-rhui-client02-<リージョン名>-ecl-ntt-com-2.0-1.noarch

    ②お客様VMの/etc/hostsに以下を追加
    (記載する内容) 169.254.127.24 rhcds-sr-vip-<リージョン名>.ecl.ntt.com.local

    ③curlで新しいrpmを取得
    (コマンド) curl –insecure https://<リンクローカルアドレス>/pub/rhui-client-packages/<rpmパッケージ名> >> <rpmパッケージ名>
    (コマンド) curl –insecure https://<リンクローカルアドレス>/pub/rhui-gpg-key/RPM-GPG-KEY-rhui-custom >> RPM-GPG-KEY-rhui-custom

    ●リンクローカルアドレス
    169.254.127.24

    ●パッケージ名
    JP1 rh08-sr-rhui-client02-jp1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    JP2 rh08-sr-rhui-client02-jp2-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    JP3 rh08-sr-rhui-client02-jp3-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    JP4 rh08-sr-rhui-client02-jp4-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    JP5 rh08-sr-rhui-client02-jp5-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    JP6 rh08-sr-rhui-client02-jp6-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    US1 rh08-sr-rhui-client02-us1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    UK1 rh08-sr-rhui-client02-uk1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    SG1 rh08-sr-rhui-client02-sg1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    HK1 rh08-sr-rhui-client02-hk1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    DE1 rh08-sr-rhui-client02-de1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    AU1 rh08-sr-rhui-client02-au1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm
    FR1 rh08-sr-rhui-client02-fr1-ecl-ntt-com-2.0-2.noarch.rpm

    ④新しいrpmをインストール
    (コマンド) chown root:root ~/<rpmパッケージ名>
    (コマンド) chown root:root ~/RPM-GPG-KEY-rhui-custom
    (コマンド) chmod u+x ~/<rpmパッケージ名>
    (コマンド) chmod u+x ~/RPM-GPG-KEY-rhui-custom
    (コマンド) rpm -U <rpmパッケージ名>

    ⑤GPG 鍵のインポート
    (コマンド) rpm –import ~/RPM-GPG-KEY-rhui-custom

    上記対処策を実施してもエラーメッセージが出る場合には、チケットにてお問い合わせください。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • SSDやHDDが故障した際に、活性交換対応いただけるとのことですが、故障予兆の場合でも対応いただけるでしょうか。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 運用

    恐れ入りますが、弊社基盤より故障予兆を検知し通知を差し上げた場合につきましては、弊社基盤保守運用契約等の関係上、非活性での交換のみの対応となります。
    お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

    サービス説明書 – ベアメタルサーバーメニューの運用

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • Workload Optimized 2についてHDD故障時の活性交換がN/Aなのはぜですか。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 構築, 運用

    Workload Optimized 2はRAID構成等をお客さま任意で設定できる仕様としているため、お客さまのデータ保全の観点から、活性交換を不可としております。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ベアメタルサーバー起動時、UEFI(BIOS)画面で各種設定を実施しようとしたところ、Administratorのパスワードを求められました。こちらに入力するパスワードを教えてください。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 構築

    UEFI(BIOS)上で求められるAdministratorのパスワードについては、公開しておりません。
    UEFI(BIOS)全機能をお客さまに提供した場合、サービス側で使用および品質維持が困難となるため、お客さまにて設定変更を実施できないようにしています。
    ご了承ください。

    参考: サービス説明書 – ベアメタルサーバー – ご利用条件
    (抜粋)
    UEFI
    設定変更可能な機能は、本メニューの仕様により限定されております。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • オフィシャルイメージテンプレートから作成したWindowsサーバで、ボリュームライセンス認証の有効期限日が表示されます。更新など作業は必要ですか?ECL2.0, OS, サーバーインスタンス, ベアメタルサーバー / 仕様, 運用

    いいえ。お客さま側での作業は不要です。
    共通機能ゲートウェイと接続され、認証サーバーと疎通できていれば、定期的に認証が更新されます。
    参考:
    チュートリアル – 仮想サーバー – OSライセンスのアクティベーション
    チュートリアル – ベアメタルサーバー – OSライセンスのアクティベーション

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ベアメタルサーバーにおけるBIOSの設定変更の方法を教えてください。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 構築, 運用

    クラウドコンピューティングコントロールパネルにおけるベアメタルサーバーのサーバーリストで、対象のベアメタルサーバーのアクションから、UEFI 設定より設定変更を実施いただけます。

    UEFI(BIOS)設定画面へのアクセス方法については、下記チュートリアルを参照ください。
    チュートリアル – ベアメタルサーバーの操作可能項目

    UEFI(BIOS)設定を変更可能な項目については、下記サービス説明書を参照ください。
    サービス説明書 – ベアメタルサーバー – UEFI機能一覧

    サービス説明書 – ベアメタルサーバー – UEFI機能一覧(富士通)

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ECL CLIコマンド(ecl baremetal server stop)を実行しても、ベアメタルサーバーが停止しません。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 運用

    ECL CLIコマンド(ecl baremetal server stop)は、ACPI経由でソフトウェアレベルのシャットダウンを実行するものなので、ソフトウェアの状態のよっては電源停止に時間を要したり、電源停止自体行われない可能性があります。
    確実にベアメタルサーバーの電源停止を実施したい場合には、下記で案内をしているハードウェアレベルの電源停止を実施ください。

    チュートリアル – ベアメタルサーバー – ベアメタルサーバーの電源操作方法

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ベアメタルサーバーのNICは、VXLANオフロードを利用できますか?ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様

    ベアメタルサーバーに関して、NICのVXLANオフロードは未対応です。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ベアメタルサーバーのホスト名は変更することはできますか?ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 運用

    ベアメタルサーバーのサーバーリストに表示されるベアメタルサーバー名を変更することはできません。
    参考:チュートリアル – ベアメタルサーバーの操作可能項目

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ベアメタルサーバーにおけるNIC冗長化の方法を教えてください。ECL2.0, ベアメタルサーバー / 仕様, 構築

    Enterprise Cloud 2.0 オフィシャルテンプレートのRed Hat Enterprise Linux 7 イメージより作成いただきました、ベアメタルサーバーのホストOS(Red Hat Enterprise Linux)における物理NIC の冗長化の手順は以下の通りでございます。

    ==================================================
    1. Enterprise Cloud 2.0 クラウドコンピューティングコントロールパネルにて、 ベアメタルサーバーの同じプレーンに接続する物理NIC 2つがそれぞれ接続している物理ネットワーク機器に、 それぞれ同じロジカルネットワークを接続
    ==================================================
    以下チュートリアルにてご案内を行っております方法にて、ベアメタルサーバーの同じプレーンに接続する物理NIC 2つがそれぞれ接続している物理ネットワーク機器に、それぞれ同じロジカルネットワークの接続をご実施ください。
    接続する際は、それぞれ同じセグメント種別を指定ください。
    また、セグメント種別にてvlan を使用する場合には、セグメントID(VLAN ID)についても、それぞれ同じセグメントID を指定ください。

    ■チュートリアル
    チュートリアル – ベアメタルサーバー – 物理NICに接続するロジカルネットワークの追加

    ==================================================
    2. ベアメタルサーバーのホストOS(Red Hat Enterprise Linux 7)にて、インターフェイスの冗長化および冗長化したインターフェイスへIP アドレスを設定
    ==================================================
    ベアメタルサーバーのホストOS(Red hat Enterprise Linux 7)のShell にて、以下コマンドを実行いただき、インターフェイスの冗長化をご実施ください。

    ————————————————–
    2-1. ベアメタルサーバーの同じプレーンに接続する物理NIC#1, #2 のIPv4, IPv6 の無効化
    ————————————————–
    # nmcli connection modify [physical_connection_name_1] autoconnect on ipv4.method disable ipv6.method ignore
    # nmcli connection modify [physical_connection_name_2] autoconnect on ipv4.method disable ipv6.method ignore

    ※physical_connection_name_1 にはベアメタルサーバーの物理NIC#1 に対応する既存のコネクション名をご指定ください。
    ※physical_connection_name_2 にはベアメタルサーバーの物理NIC#2 に対応する既存のコネクション名をご指定ください。

    ————————————————–
    2-2. ベアメタルサーバーの同じプレーンに接続する物理NIC#1, #2 を利用したボンディングインターフェイスの作成
    ————————————————–
    # nmcli connection add type bond con-name [bond_connection_name_1] ifname [bond_interface_name_1] miimon 100 updelay 0 downdelay 0 mode active-backup primary [slave_interface_name_1] # nmcli connection add type bond-slave ifname [slave_interface_name_1] master [bond_interface_name_2] # nmcli connection add type bond-slave ifname [slave_interface_name_2] master [bond_interface_name_2]

    ※physical_connection_name_1 にはベアメタルサーバーの物理NIC#1 に対応する既存のコネクション名をご指定ください。
    ※physical_connection_name_2 にはベアメタルサーバーの物理NIC#2 に対応する既存のコネクション名をご指定ください。
    ※bond_connection_name_1 にはボンディングインターフェイス用に新たに作成するコネクション名をご指定ください。
    ※bond_interface_name_1 には新たに作成するボンディングインターフェイス名をご指定ください。
    ※slave_interface_name_1 にはボンディングインターフェイスのスレーブとなる、ベアメタルサーバーの物理NIC#1 のインターフェイス名をご指定ください。
    こちらは、ボンディングインターフェイスがプライマリとして利用する物理NIC となります。
    ※slave_interface_name_2 にはボンディングインターフェイスのスレーブとなる、ベアメタルサーバーの物理NIC#2 のインターフェイス名をご指定ください。
    こちらは、ボンディングインターフェイスがセカンダリとして利用する物理NIC となります。
    ※bond_interface_name_2 にはボンディングインターフェイス名をご指定ください。従いまして、「bond_interface_name_1」にてご指定いただきました値を同様にご指定ください。

    ————————————————–
    (「2-3.」は、「1.」にてロジカルネットワークとの接続を行った際に、セグメント種別に「flat」を利用した場合にのみ追加でご実施ください。)
    2-3. ボンディングインターフェイスへのIP アドレスの手動設定(必要に応じてデフォルトゲートウェイ等のパラメータも追加指定ください。)
    ————————————————–
    # nmcli connection modify [bond_connection_name_2] autoconnect on ipv4.method manual ipv4.address [ip_address_1]

    ※bond_connection_name_2 にはボンディングインターフェイスのコネクション名をご指定ください。
    従いまして、「bond_connection_name_1」にてご指定いただきました値を同様にご指定ください。
    ※ip_address_1 にはボンディングインターフェイスにアサインするIP アドレスをCIDR 形式にてご指定ください。

    ————————————————–
    (「2-4.」は、「1.」にてロジカルネットワークとの接続を行った際に、セグメント種別に「vlan」を利用した場合にのみ追加でご実施ください。)
    2-4. ボンディングインターフェイスのIPv4, IPv6 の無効化
    ————————————————–
    # nmcli connection modify [bond_connection_name_2] autoconnect on ipv4.method disable ipv6.method ignore

    ※bond_connection_name_2 にはボンディングインターフェイスのコネクション名をご指定ください。
    従いまして、「bond_connection_name_1」にてご指定いただきました値を同様にご指定ください。

    ————————————————–
    (「2-5.」は、「1.」にてロジカルネットワークとの接続を行った際に、セグメント種別に「vlan」を利用した場合にのみ追加でご実施ください。)
    2-5. ボンディングインターフェイスを利用したVLAN インターフェイスの作成
    ————————————————–
    # nmcli connection add type vlan dev [bond_interface_name_3] con-name [vlan_connection_name_1] ifname [vlan_interface_name] id [vlan_id]

    ※bond_interface_name_3 には新たに作成するVLAN インターフェイスが利用するボンディングインターフェイス名をご指定ください。
    従いまして、「bond_interface_name_1」にてご指定いただきました値を同様にご指定ください。
    ※vlan_connection_name_1 にはVLAN インターフェイス用に新たに作成するコネクション名をご指定ください。
    ※vlan_interface_name には新たに作成するVLAN インターフェイス名をご指定ください。
    ※vlan_id には接続するロジカルネットワークに対応するVLAN ID をご指定ください。

    ————————————————–
    (「2-6.」は、「1.」にてロジカルネットワークとの接続を行った際に、セグメント種別に「vlan」を利用した場合にのみ追加でご実施ください。)
    2-6. VLAN インターフェイスへのIP アドレスの手動設定(必要に応じてデフォルトゲートウェイ等のパラメータも追加指定ください。)
    ————————————————–
    # nmcli connection modify [vlan_connection_name_2] autoconnect on ipv4.method manual ipv4.address [ip_address_2]

    ※vlan_connection_name_2 にはVLAN インターフェイスのコネクション名をご指定ください。
    従いまして、「vlan_connection_name_1」にてご指定いただきました値を同様にご指定ください。
    ※ip_address_2 にはVLAN インターフェイスにアサインするIP アドレスをCIDR 形式にてご指定ください。

    ————————————————–
    2-7. ネットワークの再起動(もしくはOS 再起動)
    ————————————————–
    # systemctl restart network.service
    (# shutdown -r now)

    ————————————————–

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。