イメージ保存領域

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

特徴・メリット

  • システム領域の簡易バックアップ(テンプレート)として使うことで、初期セットアップの稼働を削減できます。
  • raw、qcow2形式の外部イメージを持ち込み可能です。

独自テンプレートやISOなどを使い仮想サーバーの作成などが可能。

利用シーン

サーバーの初期構築完了時にイメージ取得およびテンプレート化し作り直しのリスクを回避

構築完了時などに、簡易バックアップとして取得

自社ソリューション用にセットアップしたコンフィグをイメージ共有機能で横展開。パートナービジネスなどで活用

自社のソリューションに最適化したテンプレートを作成構築の初期設定を簡略化

他社サービスからの移行(マイグレーション)

qcow2,raw形式であればプライベートテンプレートとして利用可能

料金

料金表(JP1リージョン)

イメージ保存領域

プラン初期費用時間料金月額上限料金
プライベートテンプレート無料0.000497円/分
プライベートISO無料0.000497円/分
上記料金以外に、サーバーでご利用になるOSによって料金が発生する場合がございます。

他リージョンやオプションを含む詳しい料金は、見積りシミュレーター、もしくは料金表からご確認できます。

サービスの仕様

料金体系および提供拠点など

イメージファイルの1GBあたりの従量課金(分単位)で提供されます。

SLA

イメージ保存領域のSLA規定については、以下に記載しております。

ご利用条件

最低利用期間の定めはありません。その他、提供条件について詳しくは以下をご覧ください。