ホスト型セキュリティ

ホスト型セキュリティ

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

Managed Anti-Virus
(ウイルス対策)

Managed Virtual Patch
(侵入防御、ファイアウォール)

Managed Host-based Security Package
(ウイルス対策、 侵入防御、ファイアウォール、Webレピュテーション、変更監視、セキュリティログ監視)

特徴・メリット

  • セキュリティソフトのライセンス調達等不要で、トレンドマイクロ社のDeepSecurityベースのセキュリティライセンスが利用可能です。
  • ポータル上からオンデマンドにお申込み頂き、納期0で利用が可能です。

利用シーン

  • 不正プログラム、ウイルス、トロイの木馬、スパイウェアなどOSを攻撃する脅威に対し、統合的な対策を実施
  • ネットワーク構成の変更等を実施せず、サーバーそのものを保護

サービスの仕様・料金

提供機能

Managed Anti-virusでは、不正プログラム対策を提供し、ウイルスからサーバーを保護します。

Managed Virtual Patchでは、脆弱性に対しお客さまが本格的な対処を行うまでの仮想パッチ機能を提供し、不正なプログラムの侵入を防御します。
Managed Host-based Security Packageでは、Anti-virusおよびVirtual Patchの機能に加え、変更監視やセキュリティログ監視などの機能を統合的に提供します。

料金

いずれのメニューも初期費用は無料で、月額定額制の料金となります。詳細は以下をご覧ください。