Enterprise Cloud for ERP

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

  • サービス紹介

特長・メリット

(1)SAPシステム向けクラウド基盤の提供

      • 仮想サーバー上で提供される仮想HANA(最大2.8TB)メニューとお客さま専用の物理ハードウェア上で提供される物理HANA(最大8.0TB)メニューを提供
      • 同一データセンター内でのHA(High Availability)構成、および東京・大阪間でのDR(Disaster Recovery)構成を組み込んだ標準メニューを提供
      • μVMテクノロジーに基づく実利用ベースの従量課金メニューを提供

    お客さまは、SAPシステムの利用用途および可用性設計に応じて仮想/物理HANAを組み合わせ、高信頼のクラウド環境を柔軟かつ迅速に構築できます。また、μVMテクノロジーのリソース最適化により、オンプレミスシステムと比べ、TCOを最大65%削減できます。

(2)マネージドサービスを組み合わせた提供

      • SAPシステム向けクラウド基盤に加えて、OS、SAP Basis、SAP HANAのマネージドサービス、システム監視サービスおよびTAMS(Technical Account Manager Services)を提供
      • TAMSでは、ITILに基づくシステムの運用支援、運用状況分析、ならびにベストプラクティスに基づくアドバイスサービスを提供

    お客さまは、運用ノウハウをもとにした豊富なメニューから最適なメニューを選択することで基盤運用業務を効率化でき、業務プロセス設計ならびにアプリケーション開発に専念することができます。

(3)米州、欧州、豪州のグローバル拠点で提供

      • 日本拠点に加え米州、欧州、豪州の拠点において、Enterprise Cloud for ERPおよびマネージドサービスを提供

    お客さまは、各拠点においてSAPシステム向けのマネージドサービスとクラウド環境をトータルにご利用できます。

利用シーン

  • サービスレベルを保証した大規模SAPシステム/SAP周辺システムに対応したクラウド利用
  • NW接続/基盤の要件定義/運用業務のフルアウトソースによるIT部門の運用稼働削減とSAP対応の実現

提供メニュー

  • 仮想HANA(Virtual HANA)および物理HANA(Physical HANA)メニューにて、SAP HANAを初期インストールした環境をクラウドにてご提供
  • マネージドサービスにて、OS、SAP Basis、SAP HANAのマネージドサービス、システム監視サービスおよびTAMSをご提供
メニュー名メモリーサイズセットアップ費用ランニング費用最低利用期間
Virtual HANADRあり~2.9TBあり月額固定+実使用量ベースの従量課金なし
DRなし
Physical HANAScale up~8TB(8TB以上個別相談)あり月額固定あり
Scale out~2TB×N台あり月額固定あり

SLA

  • 提供メニューごとに、SLA値を設定しご提供
メニューSLA
IaaS Compute μVMインターネット接続なしDRなし99.5%
DRあり99.999%
インターネット接続ありDRなし99.4%
DRあり99.9%
Virtual HANAインターネット接続なしDRなし99.5%
DRあり99.999%
Physical HANAインターネット接続なしHAあり99.95%
メニューStorage Latency(月間の平均)
Tier 0 Block Storage≦3ms
TierⅠBlock Storage≦10ms
TierⅡBlock Storage≦20ms

当社にて性能監視・計測した値に対する性能指標であり、お客様テナント上での性能指標ではございません。

関連リンク

  • Enterprise Cloud for SAP® ソリューションはこちらをご参照ください。