専用ハイパーバイザー

専用ハイパーバイザー

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

特徴・メリット

  • 代表的なハイパーバイザーであるvSphere、Hyper-Vが既にセッティングされた状態でオンデマンドに利用でき、機器やライセンス調達などが不要です。
  • ゲストイメージメニューにより、ハイパーバイザー上で稼働するゲストOSのライセンスについてもワンストップで利用できます。

VMWare ESXi,  Hyper-V

利用シーン

オンプレミスで利用していたプライベートクラウド環境をそのまま移行。既存の運用プロセスやツールを踏襲しながらも、基盤のアウトソースを実現

システムの要件に合わせ、OpenStackベースのEnterprise Cloudの仮想サーバーと、ホステッドプライベートで提供するVMWare vSphereやHyper-Vベースの仮想サーバーを使い分け


要件に応じた使い分け

サービスの仕様

仕様/機能

各専用ハイパーバイザーメニューの仕様については、それぞれ以下をご覧ください。

なお、ハイパーバイザー上で動作するゲストOS(ゲストイメージ)の仕様については、以下をご覧ください。

専用ハイパーバイザー上で動作可能なOS(ゲストイメージ)

ハイパーバイザーごとに、動作可能なゲストイメージが規定されています。詳しくは以下をご覧ください。

料金/運用

各専用ハイパーバイザーメニューの料金については、月額固定料金+従量料金となっています。

ゲストイメージについては、OSの種類ごとに異なります。詳しくは以下をご覧ください。

ご利用条件

専用ハイパーバイザーメニューについては最低利用期間の定めはありませんが、月額の固定料金が発生する点にご注意ください。その他ご利用条件について詳しくは以下をご覧ください。

専用ハイパーバイザーのメニューについては、ベアメタルサーバーの利用が必須となります。ベアメタルサーバーについては以下をご覧ください。