お知らせ

(2019/3/20更新)ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)のサポート終了(EOL)及びManaged Firewall/ファイアウォール(vSRX)への移行


[2019/3/20]サポート終了(EOL)以降の注意事項及びよくある質問を追加

[2018/12/19]お知らせ掲載

 

平素よりEnterprise Cloud2.0(以下ECL2.0)をご利用いただき誠にありがとうございます。

ファイアウォール(Brocade5600 vRouter)のサポート終了(EOL)および提供中のManaged Firewall/ファイアウォール(vSRX)への移行ガイドを再度

ご案内させていただきます。

 

ファイアフォール(Brocade5600 vRouter)サポート終了

■2019年3月31日までは、ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)メニューに関する技術的内容および利用方法等に関する問合せについてサポートを提供いたします。

■2019年4月1日以降は、仮想サーバー基盤とカスタマーポータル/APIの故障対応のサポート以外のサポートを提供いたしません。

 

ManagedFirewall/ファイアウォール(vSRX)への移行

■ManagedFirewall/ファイアウォール(vSRX)への移行を実施する場合の構成・設定例は下記をご参照ください。

なお、現在ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)をご利用中のお客さまは、2019年4月1日以降もご利用頂くことは可能です。

仮想サーバー基盤とカスタマーポータル/APIの故障対応のサポート以外のサポートが提供されないこと、同額で課金が継続すること、将来的な基盤バージョン変更後の動作を保証するものではないことをご留意ください。

 

【Managed Firewallへの移行】

https://ecl.ntt.com/documents/tutorials/rsts/Firewall/vyatta/migration_mfw.html

【vSRXへの移行】

https://ecl.ntt.com/documents/tutorials/rsts/Firewall/vyatta/migration_vSRX.html

 

【よくある質問】

質問1

サポート終了(EOL)以降、ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)は継続して使用できますか?

回答1

継続利用可能です。技術的内容および利用方法に関する問い合わせはサポート終了(EOL)まで対応します。 ただしサポート終了(EOL)後は、仮想サーバー基盤とカスタマーポータル/APIの故障対応のサポート以外のサポートを提供いたしません。また、同額で課金が継続し、将来的な基盤バージョン変更後の動作を保証するものではないことをご留意ください。なお、製造元の買収により2017年7月新規販売停止(EOS)以降、脆弱性や不具合改修に対応する新バージョンの提供ができなくなりましたので、早期にManaged Firewall / ファイアウォール(vSRX)への移行を御検討頂きますようお願いします。

 

質問2

ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)の脆弱性・製品不具合発覚時の対応について教えて下さい。

回答2

製造元の買収により脆弱性や不具合に関する情報およびこれらに対するワークアラウンドを提供できません。早期にManaged Firewall / ファイアウォール(vSRX)への移行を御検討頂きますようお願いします。

 

質問3

サポート終了(EOL)以降、ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)のプラン変更はできますか?

回答3

プラン変更は可能です。

 

質問4

ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)からManaged Firewall / ファイアウォール(vSRX)への移行はNTTComで実施してもらえますか?

 

回答4

お客さまにてファイアウォール(vSRX)及び/ Managed Firewallへの移行を実施する場合の構成・設定例を参考に移行を実施ください。