お知らせ

「ECL2.0」Red Hat Enterprise Linuxのオフィシャルイメージテンプレート更改について


平素よりEnterprise Cloud(以下ECL)をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

ECL2.0における各リージョンにおいて新リポジトリサーバーに対応したRed Hat Enterprise Linuxのオフィシャルイメージテンプレート(新オフィシャルイメージテンプレート)の提供開始します。

 

現行のオフィシャルイメージテンプレートにつきましては、2018年9月30日に提供終了を予定しております。現行のオフィシャルイメージテンプレートを利用して作成されたVM/サーバーについては、本オフィシャルイメージテンプレートの提供終了後も継続してご利用いただけます。現行のオフィシャルイメージテンプレートを継続してご利用希望の場合は、新リポジトリサーバーの設定切替を速やかにご対応頂きますようお願い致します。

なお、JP4/JP5リージョンでは新オフィシャルイメージテンプレートのみを提供しているため、JP4/JP5リージョンにてオフィシャルイメージを用いて、仮想サーバー/ベアメタルサーバー/専用ハイパーバイザーをご利用頂いているお客様は、新レポジトリサーバーへの切替設定を行っていただく必要はありません。

 

対象OSライセンス

Red Hat Enterprise Linux Serverの全バージョン※

※お客さまBYOLのRed Hat Enterprise Linuxは対象外です。

現行のオフィシャルイメージテンプレート以前のバージョンをご利用中のお客さまは、今後新規パッケージの取得ができなくなります。以下のECL2.0の切替手順に従って新リポジトリサーバーの設定切替をお客さま作業にて実施ください。新リポジトリサーバーの切替設定に伴うサーバー/OS再起動は不要です(サービス影響はありません)。

 

 

ベアメタルサーバー仮想サーバー専用ハイパーバイザー
Red Hat Enterprise Linux 7.1新オフィシャルイメージテンプレートRedHatEnterpriseLinux-7.1
_64_include-license_
baremetal-server_11
RedHatEnterpriseLinux-7.1_64_include-license_virtual-server_42RedHatEnterpriseLinux-7.1_64_include-license_hw9_vSphere-ESXi_12
現行オフィシャルイメージテンプレートRedHatEnterpriseLinux-7.1
_64_include-license_
baremetal-server_01
RedHatEnterpriseLinux-7.1_64_include-license_virtual-server_32RedHatEnterpriseLinux-7.1_64_include-license_hw9_vSphere-ESXi_02
Red Hat Enterprise Linux 7.3新オフィシャルイメージテンプレートRedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_baremetal-server_11RedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_virtual-server_12RedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_hw9_vSphere-ESXi_12
現行オフィシャルイメージテンプレートRedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_baremetal-server_01RedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_virtual-server_02RedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_hw9_vSphere-ESXi_02

ECL2.0の切替手順書

Knowledge Centerチュートリアル(4/27公開済み)

 

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。