お知らせ

Rancher(Dockerコンテナ管理)提供開始および仮想サーバーの新フレーバー追加、既存メニューの機能拡張、リージョン展開


平素よりEnterprise Cloudをご利用いただき誠にありがとうございます。2017年10月11日より新メニューの提供開始、既存メニューの機能拡張、リージョン拡大をしましたのでご案内いたします。

 

1.新メニュー「Rancher(Dockerコンテナ管理)」提供開始

Dockerを用いたコンテナ型仮想化基盤を提供します。Dockerコンテナの特長である高速起動、システムの保存・再現機能、柔軟なポータビリティに加え、Rancher Labs社が提供するRancher管理ツールを利用することで、コンテナベースのシステムの運用管理を容易に行うことができます。ECLの豊富なメニューとのシームレスなシステム連携や、VPN接続を利用したセキュアなシステム環境を実現することができます。初期費用は無料、月額は上限付き従量料金、最低利用期間はありません。

 

メニュー
基本料金
Dockerホスト2CPU-8GB
4CPU-16GB
8CPU-32GB
16CPU-64GB
32CPU-128GB

仕様詳細はこちらを参照ください。

対象リージョン:JP1、JP2

2.仮想サーバーメニューのフレーバー追加

下表のvCPUとメモリ容量組み合わせのフレーバーが追加されます。

フレーバーvCPU数メモリ(GB)
1CPU-2GB12
2CPU-4GB24
4CPU-8GB48
8CPU-16GB816
16CPU-32GB1632
32CPU-64GB3264
1CPU-8GB18
2CPU-16GB216
4CPU-32GB432
8CPU-64GB864
16CPU-128GB16128

対象リージョン:全リージョン

 

3.既存メニューのリージョン展開・機能拡張

 

メニュー・機能リージョン
Platform ServiceWebRTC Platform SkyWayJP2, US1, UK1, SG1, DE1, HK1, AU1
機能Hybrid Cloud with Microsoft Azureにおける

利用可能なAzureメニューの追加

Azure SQL Database

Azure Web Apps

Azure Machine Learning」など

すべて
ライセンススイッチ(専用ハイパーバイザー上のSQL Server 2008/2008R2/2012)すべて

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

各メニュー・機能の提供状況一覧はこちら