お知らせ

Arcserve Unified Data Protection提供開始


平素よりEnterprise Cloud(以下ECL)をご利用いただき誠にありがとうございます。2017年3月17日よりArcserve Unified Data Protection Advanced Edition(以下Arcserve UDP)の提供開始を行いましたのでご案内いたします。

 

Arcserve UDP Advanced Edition V6

Arcserve UDP Advanced Edition バージョン6のライセンスを提供します。ECL2.0上のシステム・データのバックアップ、リストアのほか、オンプレミス等のECL2.0外部環境からECL2.0へのシステムおよびデータの移行を容易に行うことができます。機能概要は以下の通りです。

 

・イメージバックアップ、リストア

・データバックアップ、リストア

・仮想マシンのスナップショット取得

・遠隔地へのバックアップの複製

・管理コンソールによるバックアップの集中管理

 

初期費用は無料です。月額費用は固定料金で、最低利用期間はありません。2017年6月末まで無料でご利用いただくことができます。仕様詳細はこちらを参照ください。

 

※ データの保存領域と管理コンソール用のコンピュートリソースは別途ご用意いただく必要があります。

※ 製品サポートはArcserve社が直接提供いたします。

※ OSライセンスを含むデータのECL2.0への移行については当社のOSライセンスメニューの規定に準じます。

 

提供リージョン:JP1、 JP2

 

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

 

各メニュー・機能の提供状況一覧はこちら