お知らせ

複数サービスメニューの提供リージョン拡大と機能拡張を提供開始


平素よりEnterprise Cloudをご利用いただき誠にありがとうございます。

2017年2月2日よりメニューの提供リージョンの拡大と機能拡張を行いましたのでご案内いたします。

 

(1)メニューの提供リージョン拡大

メニュー名提供拠点
サーバーRHEL for SAP ApplicationsHK1
セキュリティネットワーク型セキュリティ

(Managed Firewall/UTM/WAF)

US1、SG1、HK1
ホスト型セキュリティ(Managed Anti-Virus/Virtual Patch/Host-based Security Package)US1、UK1、DE1、SG1、HK1、AU1
ミドルウェアHULFTUS1

 

(2)機能拡張等

①API権限管理機能のカスタマーポータル対応

ECL2.0では、各種APIの実行権限を制御する機能を提供しています。本機能がカスタマーポータルでの設定で利用できるようになります。

 

②物理収容設備分散機能の提供エリア拡大

物理収容設備分散機能がご利用いただけるリージョンが追加されました。仕様詳細はこちらを参照ください。

 

物理収容設備分散機能対応状況

メニュー提供中リージョン追加のリージョン
ベアメタルサーバーJP1, JP2, US1, SG1UK1
仮想サーバーJP1, JP2, SG1
ブロックストレージJP1, JP2, SG1UK1
ファイルストレージJP1, JP2, SG1
ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)JP1, JP2, SG1US1
ロードバランサー (NetScaler VPX)JP1, JP2, SG1US1
Managed Firewall/UTM/WAFJP1, JP2, SG1US1

 

③ベアメタルサーバーへのOS持ち込み(BYOL)対応

DE1、AU1リージョンにおいてもオフィシャルイメージテンプレートで提供されていないOSを、お客さまご自身でベアメタルサーバーにインストールすることが可能になりました。インストールする際に必要なドライバをカスタマーポータル経由で提供します。詳細は以下を参照ください。

サービス説明書

チュートリアル

 

対象:全リージョン(DE1、AU1追加)

 

④ロードバランサー (NetScaler VPX)のsyslog転送機能

DE1、AU1リージョンにおいてもご契約いただいているロードバランサー (NetScaler VPX)のログをお客様が作成した任意のシスログサーバへ転送することができるようになりました。仕様詳細はこちらを参照ください。

 

対象:全リージョン(DE1、AU1追加)

 

※本機能は、11.0-67.12 Standard Editionでのみご利用可能です。

 

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

 

各メニュー・機能の提供状況一覧はこちら