お知らせ

Oracle SE/EE for Windowsを提供開始、複数のサービスメニューで提供リージョンを拡大


平素よりEnterprise Cloudをご利用いただき誠にありがとうございます。
2016年12月15日より新メニューの提供開始およびメニューの提供リージョンの拡大を行いましたのでご案内いたします。

1.ミドルウェア「Oracle SE2 for Windows」、「Oracle EE for Windows」の提供開始

Oracle SE2/EEの対応OSにWindows Serverが追加されました。初期費用は無料、月額費用は固定料金と上限付き従量料金の合算額が請求されます。最低利用期間はありません。

提供リージョン

メニュー名リージョン
ミドルウェアOracle SE2 for WindowsJP1、JP2
Oracle EE for WindowsJP1

サービスの仕様詳細は以下のリンク先を参照ください。

2.メニューの提供リージョン拡大

メニュー名リージョン
遠隔データセンター接続AU1
コロケーション接続1GbpsDE1
10GbpsUK1、SG1、DE1
専用ハイパーバイザーvSphere ESXiDE1、AU1
Hyper-V
ミドルウェアOracle SE2US1、UK1
SQL ServerDE1、AU1
HULFTSG1

 

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

各メニュー・機能の提供状況一覧はこちら