お知らせ

サーバー/ミドルウェアメニューのリージョン展開(JP2,HK1,DE1,AU1)および、ファイアウォール/ロードバランサーの機能強化を実施


平素よりEnterprise Cloudをご利用いただき誠にありがとうございます。

2016年10月4日より新メニュー・機能の提供を開始しますのでご案内いたします。

 

■メニューのリージョン展開

メニュー名リージョン
ベアメタル
サーバー
General Purpose 1

General Purpose 3

Workload Optimized1

Workload Optimized2

HK1、DE1、AU1

(当初在庫はありません)

※1

専用ハイパーバイザーvSphere ESXi

Hyper-V

HK1
仮想サーバーOSRed Hat Enterprise LinuxJP2
ミドルウェアOracle SE 2AU1
SQL ServerHK1

※1 4つのフレーバーについてHK1,DE1,AU1では当初在庫はありません。詳しくは弊社営業担当者までお問い合せください。

 

■機能強化

・ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)、ロードバランサー(NetScaler VPX)に新バージョンのテンプレートを追加

10月4日よりリージョンごとに順次提供開始します。機能が改善されているため、新バージョンのご利用を推奨します。

メニュー/バージョン内容
ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)

4.2R1S1

・Syslog転送機能において、5秒あたり200行を超えるメッセージが破棄される事象が解消
ロードバランサー(NetScaler VPX)

11.0-67.12 Standard

・GUI/ APIに加えて、CLIでのアクセスが可能に

・NetScalerVPXポータル(GUI)へのアクセスがHTTPに加えて、HTTPSで可能に

・NetScalerVPXから、Pingコマンドおよび、Tracerouteコマンドが実行可能に

・設定可能なSHA2暗号化スイートを追加

 

・API権限管理機能

各種APIの実行権限を制御する機能を提供します。本機能を利用することでユーザーのAPI実行権限を様々な条件で制御することができます。このAPI権限管理機能を利用することで、ポータル上の実行権限も同様に制限することができます。

 

・コロケーション接続の接続先コロケーションの追加

リージョン対地

コロケーション

帯域
10Gbps1Gbps
JP1埼玉第1YY
東京第2提供開始Y
東京第3提供開始Y
東京第4提供開始Y
東京第5提供開始Y
東京第6提供開始Y
東京第7提供開始Y
横浜第1提供開始Y
JP2大阪第1提供開始提供開始
大阪第2提供開始提供開始
大阪第3提供開始提供開始
大阪第5YY

 

各メニュー・機能の提供状況一覧はこちら

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。