既知の事象

リソース正常作成時に「作成できませんでした」と誤表示される事象

(:更新)

事象概要

ポータルにて「ロードバランサーの作成」「ファイアウォールの作成」を行った際に、正常に作成されているにも関わらず、「エラー:●●を作成できませんでした」という警告が誤表示される場合があります。

APIでも同様に、500エラーレスポンスとなる場合があります。

 

対象リージョン

JP1,JP2

 

対処方法

本警告が表示された場合、「ロードバランサーの一覧」「ファイアウォールの一覧」画面を更新してください。

正常に作成されている場合、作成されたリソースが表示されます。

また本事象が発生するとログイン用の初期パスワードが確認出来ません。パスワードリセットを実施し、初期パスワードをご確認ください。