既知の事象

VRRPを設定した複数のファイアウォールを同時削除した時の事象

(:更新)

本事象は全て解消いたしました。(2017/1/17)

事象概要

VRRPを設定した複数のファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)を全て同時に削除すると、下記の事象が発生する可能性がございます。

  • VRRPの仮想IPアドレスとして割り当てたIPアドレスの再利用が出来なくなる
  • ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)に接続していたロジカルネットワークを削除出来なくなる

ご迷惑をおかけいたしますが、VRRPを設定したファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)を削除する際は、上記の事象および下記の対処方法につきまして十分ご留意ください。

 

対処方法

本事象を回避するためには、ファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)を1つずつ削除して頂く必要がございます。PortalもしくはAPIでの削除完了確認後、次のファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)を削除頂くように御願い致します。
もし本事象が発生した場合、チケットにてお問い合わせ下さい。弊社にて、上記事象の復旧作業を実施致します。