よくある質問

インスタンスの停止/起動や再起動を行うとシステム時刻が変更されてしまいます。

(:更新)

Windows Serverでは、インスタンスの停止/起動や再起動を行うとシステム時刻が協定世界時(UTC)にリセットされて起動し、起動後にNTPサーバーと同期されて、元の時刻に戻ります。
Windows OSのインスタンスでは、協定世界時(UTC)を使用することを推奨いたしますが、下記の回避策の実施により、起動時に協定世界時(UTC)にリセットされることを回避いただけます。

※NTPサーバーと同期できない環境の場合、再起動後システム時刻が異常な値になることがあります。
その際にはインスタンスの停止(Windowsのシャットダウン)と起動を一度実施いただくことにより、システム時刻が正常な値に戻ります。また、その後に再起動を行っても正常な値が保たれるようになります。

回避策

1. コマンドプロンプトウィンドウを開きます。
2. 下記コマンドを実行し、RealTimeIsUniversal レジストリキーを設定します。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /v RealTimeIsUniversal /d 1 /t REG_DWORD /f

 

3.下記コマンドを実行し、RealTimeIsUniversalが登録されたことを確認します。

reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /s

実行結果にて、

RealTimeIsUniversal    REG_DWORD    0x1

が出力されることを確認ください。

このFAQは参考になりましたか?

参考になった 参考にならなかった
  • ECL2.0
  •  
  • 仮想サーバー
  •  

関連するページ

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。