よくある質問

インターフェイスやボリュームの操作後、再起動をしたら、ボリュームがオフラインとなったり、インターフェイスのデバイス名が変更されてしまった。

(:更新)

下記の対象操作を行うと、後述の事象が発生する可能性がございます。
また、各事象が発生した際の対応方法についてご案内いたします。

対象操作

・インスタンスが停止している状態でインターフェイスの追加/削除やボリュームのアタッチ/デタッチを行った後、インスタンスの起動を行う。
・インスタンスが起動している状態でインターフェイスの追加/削除やボリュームのアタッチ/デタッチを行った(※1)後、オフ/オン(※2)(HAによる再起動を含みます)を実施する。

※1 インターフェイスの追加/削除、ボリュームのアタッチ/デタッチはインスタンスを”停止”した状態で行い、起動後に確認を実施することを推奨しております。
※2 OS上でシャットダウンを行い、インスタンスのステータスが停止状態となったことを確認後、ポータルやAPIでインスタンスの起動を実施すること。(OS上での再起動ではオフ/オンにはなりませんのでご注意ください)

事象と対応方法

Windows系

1.接続したロジカルネットワークのDHCP機能を無効にしており、かつ固定IPアドレスを設定している場合、インターフェースのデバイス名とIPアドレスの対応関係が、接続している別のロジカルネットワークと入れ替わる場合がございます。

※インターフェースのデバイス名とIPアドレスの対応関係は以下の手順で確認が可能です。
・ポータルの「クラウドコンピューティング」 >- 「サーバー」 >- 「仮想サーバー」 >- 「インスタンス」画面で各ロジカルネットワークに割り当てられている固定IPアドレスを確認
・ポータルの「ネットワーク」 >- 「ロジカルネットワーク」画面でロジカルネットワークの名称をクリックし、「ポート」欄でロジカルネットワークの接続先MACアドレスを確認
・インスタンスにコンソールでアクセスし、コントロールパネルの「ネットワークと共有センタ」画面で各MACアドレスに設定されている固定IPアドレスを確認し、ポータル上の表示と整合性が取れているかを確認

(対応方法)
コントロールパネルの「ネットワークと共有センタ」画面から正しい固定IPアドレスを設定し直していただきますよう、お願いいたします。
※お客さま自身のDHCPサーバーを利用する特段の理由がない限り、ロジカルネットワークのDHCPは有効にされることを推奨いたします。

 

2.接続しているボリュームの状態が、オフラインとなる場合がございます。
ボリュームの状態はサーバマネージャの「ファイルサービスと記憶域サービス」->「ボリューム」->「ディスク」から確認可能です。
(対応方法)
サーバマネージャの「ファイルサービスと記憶域サービス」->「ボリューム」->「ディスク」画面にて、該当のボリュームの上で右クリックし、「オンラインにする」を選択してオンライン化してください。(下図参照)

Linux系

1.接続したロジカルネットワークのDHCP機能を無効にしており、かつ固定IPアドレスを設定している場合、インターフェースのデバイス名とIPアドレスの対応関係が変更となる場合がございます。

※インターフェースのデバイス名とIPアドレスの対応関係は以下の手順で確認が可能です。
・ポータルの「クラウドコンピューティング」 >- 「サーバー」 >- 「仮想サーバー」 >- 「インスタンス」画面で各ロジカルネットワークに割り当てられている固定IPアドレスを確認
・ポータルの「ネットワーク」 >- 「ロジカルネットワーク」画面でロジカルネットワークの名称をクリックし、「ポート」欄でロジカルネットワークの接続先MACアドレスを確認
・インスタンスにコンソールでアクセスし、ifconfigにより各MACアドレスに設定されている固定IPアドレスを確認し、ポータル上の表示と整合性が取れているかを確認

(対応方法)
正しい固定IPアドレスを設定し直していただきますよう、お願いいたします。
<Ubuntuの場合>
/etc/network/interfacesを編集し、正しい固定IPアドレスを設定後、service networking restartを実行して下さい。
<CentOSの場合>
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethxを編集し、正しい固定IPアドレスを設定後、service network restartを実行して下さい。(※ethxは固定IPアドレスを設定するインターフェース名により異なります)

※お客さま自身のDHCPサーバーを利用する特段の理由がない限り、ロジカルネットワークのDHCPは有効にされることを推奨いたします。

2. /etc/fstabに再起動時のマウント設定を追加していない場合、接続しているボリュームのマウントが解除されます。
マウントされているデバイスの一覧は、dfコマンドまたはmountコマンドにより確認可能です。

(対応方法)
mountコマンドにより再度ボリュームをマウント戴きますよう、お願いいたします。
Linuxの仕様上、/etc/fstabに再起動時のマウント設定を追加しない限り、再起動の度ボリュームはマウント解除されますので、必ず再起動時のマウント設定を追加戴きますよう、お願いいたします。

 

なお、これらの事象は、一度インスタンスの起動やオフ/オン(※2)を行うと、以降、インターフェイスの追加/削除やボリュームのアタッチ/デタッチを新たに行わない限り、再度発生することはありません。

このFAQは参考になりましたか?

参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。