よくある質問(ECL2.0)

Enterprise Cloudをご利用中のお客様から寄せられる質問を掲載しています。

マネージドvプラットフォーム Powered by VMwareのよくある質問

10件中 1-10件を表示しています
表示件数:
  • vCloud Director テナントポータルでエッジ>エッジサービスゲートウェイのNATルールの作成方法が分かりません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エッジ - エッジサービスゲートウェイは、マネージド v プラットフォーム Powered by VMware メニューにて提供する組織の仮想データセンター内で動作する仮想ネットワークアプライアンス (レイヤ 3 ネットワーク) です。
    外部ネットワーク / ネットワークは、エッジ - エッジサービスゲートウェイと接続することができます。
    エッジ - エッジサービスゲートウェイでは、ファイアウォール / DHCP / NAT / ルーティング / ロードバランサー / VPN 等のネットワーク機能を利用することができます。
    エッジ - エッジサービスゲートウェイの NAT を利用することで、エッジ - エッジサービスゲートウェイを経由する IP パケットの宛先 / 送信元 - IP アドレス / ポートを変換することができます。
    #1) エッジ - エッジサービスゲートウェイのファイアウォールと NAT を同時に利用する場合、ファイアウォール、 NAT の順番で IP パケットを処理します。 NAT を利用して IP アドレス / ポートの変換を行いたい場合には、ファイアウォールのルールにて、 IP アドレス / ポートの変換を行う前の IP パケットを承諾するように設定が必要です。

    作成方法

    ルールの作成

    • エッジ

      • エッジ

        • サービスの構成

    • NAT

      • NAT 44 ルール

        • DNAT ルール

          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイに DNAT ルールを作成します。

            • エッジ - 分散論理ルーターに DNAT ルールを作成することはできません。

        • SNAT ルール

          • 選択した場合、エッジ (エッジサービスゲートウェイ) に SNAT ルールを作成します。

            • エッジ - 分散論理ルーターに SNAT ルールを作成することはできません。

    DNAT ルールの場合

    • DNAT ルールの追加

      • 適用対象

        • 送信元のネットワークを選択します。

          • 選択したネットワークからエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 元の IP / 範囲

        • 変換前の宛先 IP アドレスを入力します。

          • 入力した宛先 IP アドレスでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • プロトコル

        • プロトコルを選択します。

          • 選択したプロトコルでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 元のポート

        • 変換前の宛先ポートを選択 / 入力します。

          • 選択 / 入力した宛先ポートでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • (プロトコル : ICMP の場合) ICMP タイプ

        • ICMP タイプを選択します。

          • 選択した ICMP タイプでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 変換された IP / 範囲

        • 変換後の宛先 IP アドレスを入力します。

      • 変換されたポート

        • 変換後の宛先ポートを選択 / 入力します。

      • 有効

        • 有効

          • ルールを有効化します。

        • 無効

          • ルールを削除せずに無効化します。

      • ログの有効化

        • 有効

          • ロギングを有効化します。

        • 無効

          • ロギングを無効化します。

    SNAT ルールの場合

    • SNAT ルールの追加

      • 適用対象

        • 宛先のネットワークを選択します。

          • エッジ - エッジサービスゲートウェイから選択したネットワークに発信する IP パケットに SNAT を行います。

      • 元のソース IP / 範囲

        • 変換前の送信元 IP アドレスを入力します。

          • 入力した送信元 IP アドレスでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに SNAT を行います。

      • 変換されたソース IP / 範囲

        • 変換後の送信元 IP アドレスを入力します。

      • 有効

        • 有効

          • ルールを有効化します。

        • 無効

          • ルールを削除せずに無効化します。

      • ログの有効化

        • 有効

          • ロギングを有効化します。

        • 無効

          • ロギングを無効化します。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud DirectorのテナントポータルのURLが分かりません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    ポータルのURLは以下の通りです。
    https://mvp-vcd-1-gui-$1.ecl.ntt.com/tenant/$2-$3

    ※上記$1,$2,$3の内訳は以下の通りです。
    $1 : テナントのリージョン
    $2 : テナント ID
    $3 : テナント名 (テナント名に半角英数字または -_.(),$ 以外の文字を含む場合、その文字は省略します。)

    例)
    テナントのリージョン : JP4
    テナント ID : 0123456789abcdef0123456789abcdef
    テナント名 : Tenant_[Name] URL : https://mvp-vcd-1-gui-jp4.ecl.ntt.com/tenant/0123456789abcdef0123456789abcdef-Tenant_Name

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザー名 (組織管理者 - Organization Administrator) のパスワードが分かりません。再設定する方法を教えてください。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    ユーザー (組織管理者) が他にも存在する場合には、以下のよくある質問をご覧ください。
    vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザーのパスワードが分かりません。再設定する方法を教えてください。

    ユーザー (組織管理者) が他に存在しない場合には、ユーザー (組織管理者) のパスワードを再設定することはできません。
    このため、 Enterprise Cloud 2.0 サポートチームにてユーザー (組織管理者) のパスワード再設定を代行で実施致します。
    チケットシステムをご利用いただきお問い合わせください。

    チケット作成時にご選択いただきます「サービスメニュー」には、 マネージド v プラットフォーム Powered by VMware をご選択いただき、自動的に表示される “パスワードリセットに当たって必要となる情報” をご入力ください。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルにログインできません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク を作成しようとするとエラーが発生します。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エラーメッセージ毎によくある質問をご用意しております。以下をご覧ください。

    Gateway cannot be equal to the network definition.

     

    Gateway cannot be equal to the broadcast address.

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク の作成方法が分かりません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    説明
    ネットワークは、マネージド v プラットフォーム Powered by VMware メニューにて提供する組織の仮想データセンター内で動作する論理スイッチ (レイヤ 2 ネットワーク) です。
    ネットワークは、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターのインターフェイスや仮想マシンの NIC と接続することができます。
    ネットワークを利用することで、以下の図のネットワークを構成することができます。


    ネットワークの作成

    • ネットワーク
      • ネットワーク
        • 追加
    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 1 ネットワークタイプ
        • 隔離
          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを経由して異なるネットワーク / External Network に接続できないネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ①)
        • 経路指定
          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを経由して異なるネットワーク / External Network に接続できるネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ② , ③)

    ネットワークタイプ : 隔離の場合

    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 2 全般
        • 名前
        • ゲートウェイ CIDR
          • DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイのインターフェイスにアサインする IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールまたは固定 - 手動を選択した場合に、仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の初回起動時に、仮想マシンのゲスト OS はデフォルトゲートウェイの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのデフォルトゲートウェイの IP アドレスを取得し設定します。
        • 共有済み
          • 有効とした場合、このネットワークを、同一組織の異なる仮想データセンターでも利用可能とします。これにより、同一組織の異なる仮想データセンターの仮想マシンの NIC が、このネットワークに接続できます。
      • 3 固定 IP プール
        • 固定 IP プール
          • IP アドレスの範囲を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールを選択した場合に、この固定 IP プールの範囲から IP アドレスをアサインします。
            • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の初回起動時に、仮想マシンのゲスト OS は IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 固定 IP プールの範囲外の IP アドレスは、 DHCP プールの IP の範囲として自動でアサインします。
            • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイから DHCP プールの IP の範囲の IP アドレスを取得し設定します。
      • 4 DNS
        • プライマリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はプライマリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得し設定します。
            • このネットワークのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを再取得しても、更新 (編集) 後のプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得できません。更新 (編集) 後のプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。
        • セカンダリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得し設定します。
            • このネットワークのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを再取得しても、更新 (編集) 後のセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得できません。更新 (編集) 後のセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。
        • DNS サフィックス
          • DNS サフィックスのドメイン名を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS は DNS サフィックスのドメイン名としてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこの DNS サフィックスのドメイン名を取得し設定します。
            • このネットワークの DNS サフィックスのドメイン名を更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこの DNS サフィックスのドメイン名を再取得しても、更新 (編集) 後の DNS サフィックスのドメイン名を取得できません。DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイから更新 (編集) 後の DNS サフィックスのドメイン名を取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。

    ネットワークタイプ : 経路指定の場合

    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 2 全般
        • 名前
        • ゲートウェイ CIDR
          • エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターのインターフェイスにアサインする IP アドレスを入力します。
        • 共有済み
          • 有効とした場合、このネットワークを、同一組織の異なる仮想データセンターでも利用可能とします。これにより、同一組織の異なる仮想データセンターの仮想マシンの NIC が、このネットワークに接続できます。
      • 3 Edge 接続
        • エッジ
          • ネットワークに接続するエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを選択します。
        • インターフェイスタイプ
          • 内部
            • 選択した場合、エッジで選択したエッジのエッジ - エッジサービスゲートウェイのインターフェイスと接続するネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ②)
          • 分散
            • 選択した場合、エッジで選択したエッジのエッジ - 分散論理ルーターのインターフェイスと接続するネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ③)
          • サブインターフェイス
            • サポートしていません。
        • ゲスト VLAN の許可
          • サポートしていません。
      • 4 固定 IP プール
        • 固定 IP プール
          • IP アドレスの範囲を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールを選択した場合に、この固定 IP プールの範囲から IP アドレスをアサインします。
      • 5 DNS
        • プライマリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はプライマリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、このプライマリ DNS に値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターからプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得したい場合。
        • セカンダリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、このセカンダリ DNS に値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターからセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得したい場合。
        • DNS サフィックス
          • DNS サフィックスのドメイン名を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS は DNS サフィックスのドメイン名としてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、この DNS サフィックスに値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターから DNS サフィックスのドメイン名を取得したい場合。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザーのパスワードが分かりません。再設定する方法を教えてください。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    ユーザーは、ユーザーのパスワードを確認することはできません。
    ただし、ユーザー (組織管理者) は、ユーザーのパスワードの再設定が可能です。
    ユーザー (組織管理者以外) のパスワードが不明な場合には、ユーザー (組織管理者) へご確認ください。

    ユーザーのパスワードの設定方法は以下の通りです。

    1. Web ブラウザにて vCloud Director テナントポータルの URL へアクセス
      vCloud Director テナントポータル
      vCloud DirectorのテナントポータルのURLが分かりません。
    2. ユーザー (組織管理者) にて vCloud Director テナントポータルへログイン
      vCloud Director テナントポータル
      User : ユーザー名 (組織管理者)
      Password : ユーザー (組織管理者) のパスワード
      ログイン を左クリック
    3. vCloud Director テナントポータルにて管理メニューを開く
      vCloud Director テナントポータル
      a. 三 (ハンバーガーメニュー) を左クリック
      b. 管理 を左クリック
    4. 管理メニューにてユーザー名を確認する
      管理
      a. アクセスコントロール
      b. ユーザー を左クリック
    5. ユーザーを選択する
      ユーザー
      a. ユーザー名の o (ラジオボタン) を左クリック
      b. 編集 を左クリック
    6. ユーザーのパスワードを編集する
      ユーザーを編集
      パスワード : パスワード を入力
      パスワードを確認 : パスワード を入力
      保存 を左クリック

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザー名が分かりません。確認する方法を教えてください。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    ユーザーは、ユーザー名を確認することはできません。ただし、ユーザー (組織管理者) は、ユーザー名の確認が可能です。
    ユーザー (組織管理者以外) でユーザー名が不明な場合には、ユーザー (組織管理者) へご確認ください。

    ユーザー (組織管理者) が、ユーザー名を確認する方法は以下の通りです。

    1. Web ブラウザにて vCloud Director テナントポータルの URL へアクセス
    vCloud Director テナントポータル
    vCloud DirectorのテナントポータルのURLが分かりません。

    2. ユーザー (組織管理者) にて vCloud Director テナントポータルへログイン
    vCloud Director テナントポータル
    User : ユーザー名 (組織管理者)
    Password : ユーザー (組織管理者) のパスワード
    ログイン を左クリック

    3. vCloud Director テナントポータルにて管理メニューを開く
    vCloud Director テナントポータル
    a. 三 (ハンバーガーメニュー) を左クリック
    b. 管理 を左クリック

    4. 管理メニューにてユーザー名を確認する
    管理
    a. アクセスコントロール
    b. ユーザー を左クリック

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザー名 (組織管理者 - Organization Administrator) が分かりません。確認する方法を教えてください。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    ユーザー (組織管理者) が他にも存在する場合には、以下のよくある質問をご覧ください。
    vCloud Directorのテナントポータルで、ユーザー名が分かりません。確認する方法を教えてください。

    ユーザー (組織管理者) が他に存在しない場合には、ユーザー名 (組織管理者) を確認することはできません。
    ユーザー (組織管理者) の変更のお申し込みが必要となります。
    マネージド v プラットフォーム Powered by VMware のご契約時にお問い合わせいただきました弊社営業担当者までお問い合わせください。
    (変更のお申し込みから最大 15 営業日での対応となっており、緊急での対応は行っておりません。ご理解賜りますようお願い申し上げます。)

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク を削除しようとするとエラーが発生します。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エラーメッセージ毎によくある質問をご用意しております。以下をご覧ください。

    Entity "ネットワーク名" cannot be deleted, because it is in use.

    • ネットワークを削除
      • 削除
        • ネットワークに接続している仮想マシン / vApp が存在する場合に発生するエラーです。仮想マシンの NIC との接続を切断 / vApp のネットワークからこのネットワークを削除した上でネットワークを削除してください。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。