よくある質問

Oracle DatabaseライセンスをECL2.0環境へ持ち込み、仮想サーバー又はベアメタルサーバー環境で利用することはできますか?

(:更新)

仮想サーバー環境への持ち込みについて

原則として、Oracle DatabaseライセンスをECL2.0の仮想サーバー環境に持ち込むことはできません。
但し、物理サーバーCPUに依存しないライセンス体系の製品の場合、持ち込みが可能である可能性はあります。
ライセンスの取り扱いについては、Oracle社の購入前サポート(Oracle Digital)に直接お問い合わせください。

※Oracle Programmerは、最少ユーザー制限のない、Named User Plus(NUP)であるため、持ち込みが可能な可能性があります。
※NUPであっても、最少ユーザー数制限に物理CPU依存の制限がある場合は、ECL2.0仮想サーバー環境に持ち込むことはできません。
※Oracle Digitalの情報については、以下を参照ください。
http://www.oracle.com/jp/contact-us/overview/index.html

ベアメタルサーバー環境への持ち込みについて

ベアメタルサーバーのCPUに応じたライセンスをご準備いただければ、Oracle DatabaseライセンスををECL2.0のベアメタルサーバー環境に持ち込むことは可能です。

このFAQは参考になりましたか?

参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。