よくある質問(ECL2.0)

Enterprise Cloudをご利用中のお客様から寄せられる質問を掲載しています。

ECL2.0のよくある質問

242件中 1-10件を表示しています
表示件数:
  • Arcserve UDP Cloud Directに関するドキュメントはどこから確認できますか?Arcserve UDP Cloud Direct, ECL2.0

    Arcserve UDP Cloud Directに関するサポートドキュメントは下記Arcserve社のサイトよりご確認いただけます。

    〇動作要件
    https://support.arcserve.com/s/article/115003836346?language=ja

    〇Arcserve UDP Cloud Direct スタートアップガイド【Windows編】
    https://www.arcserve.com/wp-content/uploads/2019/08/ucd-startup-guide-win.pdf

    〇Arcserve UDP Cloud Direct スタートアップガイド 【仮想エージェントレス編】
    https://www.arcserve.com/wp-content/uploads/2019/09/ucd-startup-guide-agentless.pdf

    〇Arcserve UDP Cloud Direct スタートアップガイド 【Linux編】
    https://www.arcserve.com/wp-content/uploads/2019/09/ucd-startup-guide-linux.pdf

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • サーバー冗長化構成の設定方法を教えて下さい。ECL2.0, サーバーインスタンス
  • vCloud Director テナントポータルでエッジ>エッジサービスゲートウェイのNATルールの作成方法が分かりません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エッジ - エッジサービスゲートウェイは、マネージド v プラットフォーム Powered by VMware メニューにて提供する組織の仮想データセンター内で動作する仮想ネットワークアプライアンス (レイヤ 3 ネットワーク) です。
    外部ネットワーク / ネットワークは、エッジ - エッジサービスゲートウェイと接続することができます。
    エッジ - エッジサービスゲートウェイでは、ファイアウォール / DHCP / NAT / ルーティング / ロードバランサー / VPN 等のネットワーク機能を利用することができます。
    エッジ - エッジサービスゲートウェイの NAT を利用することで、エッジ - エッジサービスゲートウェイを経由する IP パケットの宛先 / 送信元 - IP アドレス / ポートを変換することができます。
    #1) エッジ - エッジサービスゲートウェイのファイアウォールと NAT を同時に利用する場合、ファイアウォール、 NAT の順番で IP パケットを処理します。 NAT を利用して IP アドレス / ポートの変換を行いたい場合には、ファイアウォールのルールにて、 IP アドレス / ポートの変換を行う前の IP パケットを承諾するように設定が必要です。

    作成方法

    ルールの作成

    • エッジ

      • エッジ

        • サービスの構成

    • NAT

      • NAT 44 ルール

        • DNAT ルール

          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイに DNAT ルールを作成します。

            • エッジ - 分散論理ルーターに DNAT ルールを作成することはできません。

        • SNAT ルール

          • 選択した場合、エッジ (エッジサービスゲートウェイ) に SNAT ルールを作成します。

            • エッジ - 分散論理ルーターに SNAT ルールを作成することはできません。

    DNAT ルールの場合

    • DNAT ルールの追加

      • 適用対象

        • 送信元のネットワークを選択します。

          • 選択したネットワークからエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 元の IP / 範囲

        • 変換前の宛先 IP アドレスを入力します。

          • 入力した宛先 IP アドレスでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • プロトコル

        • プロトコルを選択します。

          • 選択したプロトコルでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 元のポート

        • 変換前の宛先ポートを選択 / 入力します。

          • 選択 / 入力した宛先ポートでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • (プロトコル : ICMP の場合) ICMP タイプ

        • ICMP タイプを選択します。

          • 選択した ICMP タイプでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに DNAT を行います。

      • 変換された IP / 範囲

        • 変換後の宛先 IP アドレスを入力します。

      • 変換されたポート

        • 変換後の宛先ポートを選択 / 入力します。

      • 有効

        • 有効

          • ルールを有効化します。

        • 無効

          • ルールを削除せずに無効化します。

      • ログの有効化

        • 有効

          • ロギングを有効化します。

        • 無効

          • ロギングを無効化します。

    SNAT ルールの場合

    • SNAT ルールの追加

      • 適用対象

        • 宛先のネットワークを選択します。

          • エッジ - エッジサービスゲートウェイから選択したネットワークに発信する IP パケットに SNAT を行います。

      • 元のソース IP / 範囲

        • 変換前の送信元 IP アドレスを入力します。

          • 入力した送信元 IP アドレスでエッジ - エッジサービスゲートウェイに着信する IP パケットに SNAT を行います。

      • 変換されたソース IP / 範囲

        • 変換後の送信元 IP アドレスを入力します。

      • 有効

        • 有効

          • ルールを有効化します。

        • 無効

          • ルールを削除せずに無効化します。

      • ログの有効化

        • 有効

          • ロギングを有効化します。

        • 無効

          • ロギングを無効化します。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ボリュームを作成するのに個数制限はありますか。ECL2.0, ファイルストレージ, ファイルストレージ (スタンダード), ファイルストレージ (プレミアム), ブロックストレージ

    IPアドレスプールに余剰がある限り、ボリュームの個数に制限はございません。

    ボリューム作成時にストレージ(iSCSIターゲット)側へ設定するIPアドレスは、あらかじめ指定したIPアドレスプールから払い出されます。
    IPアドレスプール内のIPアドレスが枯渇することにより、ボリュームの新規作成が不可となりますのでご注意ください。
    上記の事象が発生した場合、IPアドレスプールに空きがある状態を用意するためにストレージの新規作成をお試しください。

     

    参考
    サービス説明書 -ブロックストレージ(IO性能確保)/各機能の説明
    URL:https://ecl.ntt.com/documents/service-descriptions/block-storage/block_storage.html#id6
    サービス説明書 -ファイルストレージ(プレミアム)/各機能の説明
    URL:https://ecl.ntt.com/documents/service-descriptions/file-storage/premium.html#id7
    サービス説明書 -ファイルストレージ(スタンダード)/各機能の説明
    URL:https://ecl.ntt.com/documents/service-descriptions/file-storage/standard.html#id7

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク を作成しようとするとエラーが発生します。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エラーメッセージ毎によくある質問をご用意しております。以下をご覧ください。

    Gateway cannot be equal to the network definition.

     

    Gateway cannot be equal to the broadcast address.

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク の作成方法が分かりません。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    説明
    ネットワークは、マネージド v プラットフォーム Powered by VMware メニューにて提供する組織の仮想データセンター内で動作する論理スイッチ (レイヤ 2 ネットワーク) です。
    ネットワークは、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターのインターフェイスや仮想マシンの NIC と接続することができます。
    ネットワークを利用することで、以下の図のネットワークを構成することができます。


    ネットワークの作成

    • ネットワーク
      • ネットワーク
        • 追加
    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 1 ネットワークタイプ
        • 隔離
          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを経由して異なるネットワーク / External Network に接続できないネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ①)
        • 経路指定
          • 選択した場合、エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを経由して異なるネットワーク / External Network に接続できるネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ② , ③)

    ネットワークタイプ : 隔離の場合

    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 2 全般
        • 名前
        • ゲートウェイ CIDR
          • DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイのインターフェイスにアサインする IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールまたは固定 - 手動を選択した場合に、仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の初回起動時に、仮想マシンのゲスト OS はデフォルトゲートウェイの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのデフォルトゲートウェイの IP アドレスを取得し設定します。
        • 共有済み
          • 有効とした場合、このネットワークを、同一組織の異なる仮想データセンターでも利用可能とします。これにより、同一組織の異なる仮想データセンターの仮想マシンの NIC が、このネットワークに接続できます。
      • 3 固定 IP プール
        • 固定 IP プール
          • IP アドレスの範囲を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールを選択した場合に、この固定 IP プールの範囲から IP アドレスをアサインします。
            • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の初回起動時に、仮想マシンのゲスト OS は IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 固定 IP プールの範囲外の IP アドレスは、 DHCP プールの IP の範囲として自動でアサインします。
            • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイから DHCP プールの IP の範囲の IP アドレスを取得し設定します。
      • 4 DNS
        • プライマリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はプライマリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得し設定します。
            • このネットワークのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを再取得しても、更新 (編集) 後のプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得できません。更新 (編集) 後のプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。
        • セカンダリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得し設定します。
            • このネットワークのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこのセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを再取得しても、更新 (編集) 後のセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得できません。更新 (編集) 後のセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。
        • DNS サフィックス
          • DNS サフィックスのドメイン名を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS は DNS サフィックスのドメイン名としてこの値を静的に設定します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : DHCP を選択かつ仮想マシンのゲスト OS にて DHCP を有効をした場合に、仮想マシンのゲスト OS は DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこの DNS サフィックスのドメイン名を取得し設定します。
            • このネットワークの DNS サフィックスのドメイン名を更新 (編集) 後に、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS が DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイからこの DNS サフィックスのドメイン名を再取得しても、更新 (編集) 後の DNS サフィックスのドメイン名を取得できません。DHCP サービスのみ有効なエッジサービスゲートウェイから更新 (編集) 後の DNS サフィックスのドメイン名を取得するためには、このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS をシャットダウン、パワーオフ、パワーオンして再カスタマイズの適用を順番に実行する必要が有ります。

    ネットワークタイプ : 経路指定の場合

    • 新規の組織 VDC ネットワーク
      • 2 全般
        • 名前
        • ゲートウェイ CIDR
          • エッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターのインターフェイスにアサインする IP アドレスを入力します。
        • 共有済み
          • 有効とした場合、このネットワークを、同一組織の異なる仮想データセンターでも利用可能とします。これにより、同一組織の異なる仮想データセンターの仮想マシンの NIC が、このネットワークに接続できます。
      • 3 Edge 接続
        • エッジ
          • ネットワークに接続するエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターを選択します。
        • インターフェイスタイプ
          • 内部
            • 選択した場合、エッジで選択したエッジのエッジ - エッジサービスゲートウェイのインターフェイスと接続するネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ②)
          • 分散
            • 選択した場合、エッジで選択したエッジのエッジ - 分散論理ルーターのインターフェイスと接続するネットワークを作成します。 (ネットワーク構成図 - ③)
          • サブインターフェイス
            • サポートしていません。
        • ゲスト VLAN の許可
          • サポートしていません。
      • 4 固定 IP プール
        • 固定 IP プール
          • IP アドレスの範囲を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続する際に IP モード : 固定 - IP プールを選択した場合に、この固定 IP プールの範囲から IP アドレスをアサインします。
      • 5 DNS
        • プライマリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はプライマリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、このプライマリ DNS に値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターからプライマリ DNS サーバーの IP アドレスを取得したい場合。
        • セカンダリ DNS
          • プライマリ DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS はセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスとしてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、このセカンダリ DNS に値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターからセカンダリ DNS サーバーの IP アドレスを取得したい場合。
        • DNS サフィックス
          • DNS サフィックスのドメイン名を入力します。
          • 仮想マシンの NIC をこのネットワークに接続した後の仮想マシンの初回パワーオン時または仮想マシンのパワーオンして再カスタマイズを適用を実行した場合に、仮想マシンのゲスト OS は DNS サフィックスのドメイン名としてこの値を静的に設定します。
          • 以下の機能を利用する場合には、この DNS サフィックスに値を入力しないでください。
            • このネットワークに接続している仮想マシンのゲスト OS にて、このネットワークに接続しているエッジ - エッジサービスゲートウェイ / 分散論理ルーターから DNS サフィックスのドメイン名を取得したい場合。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • vCloud Directorのテナントポータルで、組織>仮想データセンター>ネットワーク を削除しようとするとエラーが発生します。ECL2.0, マネージドvプラットフォーム Powered by VMware

    エラーメッセージ毎によくある質問をご用意しております。以下をご覧ください。

    Entity "ネットワーク名" cannot be deleted, because it is in use.

    • ネットワークを削除
      • 削除
        • ネットワークに接続している仮想マシン / vApp が存在する場合に発生するエラーです。仮想マシンの NIC との接続を切断 / vApp のネットワークからこのネットワークを削除した上でネットワークを削除してください。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • ブロックストレージ/ファイルストレージのボリュームを作成しようとしたところ、ステータスに「error_creating/Cluster does not have a capacity」と表示され、作成に失敗しました。ECL2.0, ファイルストレージ, ファイルストレージ (スタンダード), ファイルストレージ (プレミアム), ブロックストレージ

    下記のいずれかの事象に該当している可能性があります。

    1. 選択したメニューが、作成しようとしているリージョン/グループで提供されていない。

    提供リージョン/グループについてはサービス説明書をご確認ください。

    2. 選択したメニューのリソースが一時的に新規作成できない状態になっている。

    (1) 時間をおいて、再度作成をお試しください。

    (2) 別リージョン/別グループにおける新規作成をご検討ください。

    (3) 上記のいずれでも解決しない場合、ご好評につき、作成しようとしているリージョン/グループにおいて、リソースの新規提供を一時的に停止している可能性があります。その場合、チケットシステムにてお問い合わせください。

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • "block_device_mapping"に"device_name"(デバイスバス)を指定して作成したテンプレートからスタックを作成したところ、指定とは異なるデバイスパスが設定されました。Deployment Manager, ECL2.0

    以下の「お知らせ」に掲載されているメンテナンス作業を完了しているリージョンにおいては、デバイスパスについて自動で最適な値が設定されるようになりました。従って、テンプレート作成時に指定したものと異なるデバイスパスが設定されることがあり得ます。
    以後、テンプレートを作成する際、"block_device_mapping"に"device_name"(デバイスバス)を指定しないようにしてください(指定したとしても無視されます)。

    ■参考ドキュメント
    お知らせ - 国内リージョン(JP1, JP2, JP4, JP5)における仮想サーバー基盤のメンテナンス作業
    お知らせ - 海外リージョン(US1, FR1, DE1, UK1, HK1, SG1)における仮想サーバー基盤のメンテナンス作業
    チュートリアル - Deployment Manager - テンプレートの記載例 - ECL::Compute::Server

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった
  • バックアップエージェントのインストールに失敗します。ECL2.0, バックアップ ローカル/ダブル保管

    バックアップエージェントのインストールに失敗した場合は、以下を確認してください。

    1.サーバーの事前準備ができていること

    (1)共通機能ゲートウェイと接続できていること

    (2)Hostsファイルが設定できていること

    参考:チュートリアル - バックアップサービスのご利用方法 - バックアップの コントロールパネル - サーバーの事前準備

     

    2.エージェントのダウンロード時に指定するパラメータが正しいこと

    特に以下の2つのパラメータについて確認してください。

    (1)UUID

    UUIDはECL2.0のポータル画面内の対象サーバの情報より確認してください。
    (例、仮想サーバの場合は:テナント情報⇒サーバ⇒仮想サーバ⇒インスタンス⇒概要内のIDを入力してください。)
    (2)Client Name

    バックアップサービスの設定で、Client Nameの項目に過去に登録したことがない文字列であることを確認してください。
    参考:FAQ - バックアップサービスの設定方法について、Client Nameの項目に過去に登録したことがある文字列を登録することはできますか?

    このFAQは参考になりましたか?

    参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。