よくある質問

コントロールパネル上でディスクを拡張しましたが、Windows OS上からはディスクが見えません。

(:更新)

拡張(増設)されたディスク容量は、未割り当て領域として認識されます。
そのため、お客様にてご利用のゲストOSから、パーティション作成、ファイルシステムのフォーマット、マウント等の作業を実施していただく必要があります。
こちらでは、コントロールパネルより拡張したディスクを、Windows Server 2008 R2から認識させる設定の一例をご説明致します。
詳細設定につきましては、お客様の状況に合わせて設定をお願いします。

  1. Server Manager画面を開き、左ペインに表示されたメニューからStorage配下のDisk Managerを選択します。
    ※拡張(増設)した容量が表示されない場合は、Refreshをクリックしてください。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-01
  2. 拡張されたディスク上にUnallocatedとして拡張された領域が表示されるので、Unallocatedを右クリックし、New Simple Volumeを選択します。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-02
  3. Simple Volume Wizardが起動しますのでNextをクリックします。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-03
  4. Simple volume size in MBに追加したいディスク容量の値を入れ、Nextをクリックします。
    ※Unallocatedとして拡張されたディスク容量以内で入力可能です。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-04
  5. 任意のDrive letterを選択し、Nextをクリックします。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-05
  6. “Format this volume with the following settings.”を選択の上、File system、Allocation unit siteおよびVolume labelの各項目に対して任意の値を選択または入力し、必要な項目にチェックを入れてNextをクリックします。
    ※ファイルフォーマットを実施しない場合は、“Do not format this volume”を選択してください。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-06
  7. 設定確認画面が出てきます。ご確認の上、Finishをクリックして終了します。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-07
  8. 設定内容をご確認いただけます。
    vm-disk-not-recognized-on-windows-os-after-size-expansion-08

このFAQは参考になりましたか?

参考になった 参考にならなかった

サービスの改善にご協力をお願いいたします

こちらのFAQは参考になりましたか? ご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。

ありがとうございました

ご意見は送信されました。