2.3.2.1. Operation画面について

Operation画面の概要 / Operation画面へのアクセス / Operation画面の言語・タイムゾーン設定


2.3.2.1.1. Operation画面の概要

ダッシュボードからメニュータブで表示するメニューを切り替えることができます。各メニュータブで表示される項目の名称は以下の通りです。

  1. アカウント名
  2. ユーザー名
  3. メニュータブ
  4. ナビゲーションペイン
  5. メイン画面
Operation Items


2.3.2.1.2. Operation画面へのアクセス

Operation画面へのアクセスは、Enterprise Cloud 2.0 ポータル経由となります。

  1. Enterprise Cloud 2.0 ポータルのダッシュボード画面、またはダッシュボード⇒テナント画面の対象テナントで、『コントロールパネルを開く』をクリックします。
    ECL Portal

  1. メニュー一覧の中から、『セキュリティ』を選択します。
    SelectSecurity

  1. Host-based Security の『Operation』をクリックします。
    SelectOperation

  1. Welcome画面を閉じます。
    Welcome

  1. Operation画面のダッシュボードが表示されます。
    Host-based Security Operation


2.3.2.1.3. Operation画面の言語・タイムゾーン設定

言語設定は、以下の順序で実施可能です。

  1. アカウントをクリックして、プルダウンメニューから『User Properties』を選択します。
    account setting

  1. 表示されたアカウントのプロパティ画面で、『Language』から表示に利用する言語を選択します。
    Language

  1. 『Time Zone』より、Operationg画面で表示に利用する時間を選択します。
    TimeZone

  1. 【OK】または【Apply】をクリックして、設定変更を実施します。

  1. 設定が反映されると、変更された言語とタイムゾーンの時間で表示されます。
    account setting

    注釈

    アカウント設定でパスワードの変更は行わないでください。Enterprise Cloud 2.0 ポータルからのシングルサインオンが出来なくなります。