5.2.2.12. 異なるバージョン間の切替

ここでは、利用中のファイアウォール (冗長構成) を新バージョンのファイアウォール (冗長構成) へ切替する手順をご説明します。
弊社では、以下に示すバージョンの組み合わせで動作確認を行なっております。
旧バージョン 新バージョン
15.1X49-D105.1 19.2R1.8
また、切替手順パターンは以下の2通りございます。
(パターン1の特徴)
  • 新バージョンのファイアウォールでは、旧バージョンのファイアウォールで使用していたIPアドレスを引き継がず、別のIPアドレスで切替する手順です。
(パターン2の特徴)
  • 新バージョンのファイアウォールでは、旧バージョンのファイアウォールで使用していたIPアドレスを引き継いで、同じIPアドレスで切替する手順です。