7.2.4. VAAI用プラグインのインストール方法

VMware ESXiサーバーより、VAAIを利用する為に必要なプラグインをインストールする手順になります。

前提条件
本手順は事前にファイルストレージスタンダードをお申込み頂き、事前にESXiサーバーにてデータストアマウントが完了していることを前提としております。

7.2.4.1. VAAIプラグインのバイナリの入手

本プラグインのバイナリについてはサポートチケットでご依頼ください。
DLリンクを送付いたします。
サポートチケットの内容は以下で起票ください。
カテゴリ Datacenter / Enterprise Cloud 2.0 NTTCommunications Support /General Inquiry
タイプ お問い合わせ
内容 ファイルストレージスタンダード VAAIプライン提供依頼
サービスメニュー ファイルストレージ
テナントID <該当テナントID>
リージョン JP1
(不具合の場合)事象が発生した日時 未記入
(不具合の場合)これまでの動作実績はありますか? 未記入
(不具合の場合)現在も発生中ですか? 未記入
詳細 VAAIプラグインの提供をお願い致します.
緊急度
影響度 通常のリクエスト
添付ファイル 無し


7.2.4.2. ESXiへのプラグインインストール

ESXiサーバーのVAAIが有効であるかの確認

VAAIが有効であれば、以下の2つの値が1になっています。
# esxcfg-advcfg -g /DataMover/HardwareAcceleratedMove
  Value of HardwareAcceleratedMove is 1
# esxcfg-advcfg -g /DataMover/HardwareAcceleratedInit
  Value of HardwareAcceleratedInit is 1

VAAIが無効であった場合は以下コマンドにて有効化します。
# esxcfg-advcfg -s 1 /DataMover/HardwareAcceleratedInit
 Value of HardwareAcceleratedInit is 1
# esxcfg-advcfg -s 1 /DataMover/HardwareAcceleratedMove
 Value of HardwareAcceleratedMove is 1

VAAI用プラグインのインストール

1. 入手したVAAIプラグインをESXiホストにコピー

SSH接続によるSCP転送、もしくはvSphereWebClientにて転送を実施してください。

2. インストールするVAAIプラグインの情報を確認

# esxcli software sources vib list -d <上記手順1で保存したファイルパス>
Name             Version  Vendor  Creation Date  Acceptance Level  Status
---------------  -------  ------  -------------  ----------------  ------
NetAppNasPlugin  1.1.2-3  NetApp  2016-11-03     VMwareAccepted    New

3. VAAIプラグインのインストール

# esxcli software vib install -n NetAppNasPlugin -d <上記手順1で保存したファイルパス>
Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: NetApp_bootbank_NetAppNasPlugin_1.1.2-3
VIBs Removed:
VIBs Skipped:

4. ESXiホストの再起動

# reboot

5. インストール後の確認

VAAIプラグインが正常にインストールされていることを確認します。
# esxcli software vib list | grep NetApp
NetAppNasPlugin                1.1.2-3                                NetApp   VMwareAccepted    2017-03-16

6. マウント状況の確認

マウントしたボリュームは /vmfs/volumes ディレクトリ配下から利用可能です。
# esxcfg-nas -l
<お客様指定のデータストア名> is /v75d3af60ce754332927c0d062ff57216 from 192.168.40.50 mounted available

7. マウントしたデータストアがVAAIをサポートしていることを確認

“NAS VAAI Supported: YES” と表示されることを確認します。
# vmkfstools -Ph /vmfs/volumes/<お客様指定のデータストア名>/
NFS-1.00 file system spanning 1 partitions.
File system label (if any): <お客様指定のデータストア名>
Mode: public
Capacity xxxxx GB, xxxxx GB available, file block size 4 KB, max supported file size 16.0 TB
UUID: 39f62896-d74e6fdb-0000-000000000000
Partitions spanned (on "notDCS"):
  nfs:<お客様指定のデータストア名>
NAS VAAI Supported: YES
Is Native Snapshot Capable: YES