19.2.1. Cloud Foundryにおける操作可能項目

19.2.1.1. コントロールパネル操作可能項目一覧

Cloud Foundryのコントロールパネルに遷移すると、下図のような画面が表示されます。

コントロールパネルトップ

この画面で、操作できる項目は、下記の通りです。

リソース状況の確認 お客さまの契約の中で登録されているアプリケーション数、サービス数を確認可能です
スペースの確認 各スペース(テナント)で稼働しているアプリケーション、サービス数、ルートの状況を確認できます
ドメインの追加、削除 本メニューのデフォルトドメイン以外に、お客さまが各アプリケーションで使用したい任意のドメインを本サービス上に追加および削除することができます。詳しくは、 アプリケーションのURL管理 をご確認ください。
イベントの確認 お客さまの契約内でデプロイされている全アプリケーションにおいて、直近で発生した停止や再起動などのイベントが表示されます

表示されているスペース名を選択することで、各スペース毎のアプリケーション一覧画面に遷移することができます。アプリケーションのデプロイが完了していると、デプロイされたアプリケーションが表示されます。

スペーストップ

デプロイされているアプリケーションを選択すると、下図のようなアプリケーションの詳細画面に遷移します。

アプリケーショントップ

このアプリケーションの詳細画面で操作できる項目は、下記の通りです。

アプリケーションの電源操作 停止・再起動・削除のそれぞれが実行可能です
インスタンス数の増減 同じアプリケーションが動作するインスタンス数を増減させることができます
インスタンスのメモリ変更 インスタンスに割り当てられたメモリの変更が可能です
インスタンス状態の確認 アプリケーションの稼働状況や起動時間が確認できます
ルートの追加 アプリケーションに割り当てられたルート(ホスト名)の追加が可能です。設定方法については、 アプリケーションのURL管理 をご確認ください。
ログ確認 アプリケーションの標準出力/標準エラーログを確認可能です
モニタリング アプリケーションが動作しているインスタンスのCPU・メモリの使用状況を確認できます
サービスの追加・確認 アプリケーションにバインドされたサービス(mysql)の確認およびサービスの追加ができます。詳細については、 開発用Built-Inサービスの利用 をご確認ください。
イベントの確認 停止や再起動など、アプリケーションに関連するイベント情報が一覧で確認できます
環境変数の追加・削除、コマンドの確認 アプリケーション内で使用する環境変数の追加および削除が可能です。また、アプリケーションの起動時のコマンドが表示されます。
デプロイ GitHubからアプリケーションをデプロイ可能です

注釈

アプリケーションが動作しているインスタンスのローカルディスクは、揮発性のディスクのため、アプリケーションの停止・再起動時にはデータが消失します。なお、メモリ変更時にもインスタンスの再起動が行われるため、データが消失します。ご注意ください。