5.1.7. Enterprise Cloud 2.0接続

重要

  • 本メニューは、Enterprise Cloud 2.0(以下、ECL2.0)のファイアウォール (Brocade 5600 vRouter)メニューを御契約頂いているお客さまに提供いたします。
  • なお、ECL2.0のファイアウォール (Brocade 5600 vRouter)メニューの新規販売は停止しておりますので、御契約頂いていないお客さまは本メニューをお申し込み頂くことができません。
  • Enterprise Cloud 2.0 では、任意のテナント間を接続する機能を提供するメニューことが可能です。
tic0
  • 申込フローは下記となります。
tic0
  • 本チュートリアルでは、下記用語を用いて説明します。
    • 接続元テナント: ファイアウォール (Brocade 5600 vRouter)の契約テナント。Enterprise Cloud 2.0接続申込みを実施。
    • 接続先テナント: ロジカルネットワークの契約テナント。Enterprise Cloud 2.0接続の申込みに対する、許可/否認を実施。

5.1.7.1. Enterprise Cloud 2.0接続のお申込み

Enterprise Cloud 2.0接続の申し込み

  • 申込時は、接続元テナントのカスタマポータルのコントロールパネル上で、「SD-Exchange」カテゴリ→「Enterprise Cloud 2.0接続」とクリックします。
tic0
  • 「Enterprise Cloud 2.0接続の申し込み」をクリックすると、申込画面が表示されます。
  • ここに接続元テナント・接続先テナントなどの情報を入力、およびプルダウンから選択し、「Enterprise Cloud 2.0接続の申し込み」ボタンをクリックして申し込みます。
tic2
tic3
tic4
  • 入力する情報の一覧は以下の通りです。
カテゴリ パラメータ 詳細
基本情報 名前 名前を設定することができます。
  説明 説明を設定することができます。
接続元テナント情報 インタフェース種別 firewall_interfaceを選択ください。
  ファイアウォール 接続に利用するファイアウォールを指定することができます。
  インタフェース 接続に利用するインタフェースを指定することができます。
  IPアドレス 接続する際のIPアドレスを設定することができます。
  仮想IPアドレス (Optional) VRRP冗長時に利用する仮想IPアドレスを設定することができます。
  VRID (Optional) VRRP冗長時に利用するVRIDを設定することができます。
接続先テナント情報 テナントID 接続先テナントのIDを指定することができます。同一名義・異名義のどちらの場合でも指定可能です。
  ネットワークID 接続先のロジカルネットワークIDを指定することができます。
  • 送信した許可リクエストの状況は、ダッシュボードの許可リクエスト欄に表示されます。
tic10
  • 「送信したリクエスト」をクリックすると、送信した許可リクエストの状況が確認できます。
tic11

Enterprise Cloud 2.0接続の承認

  • 「Enterprise Cloud 2.0接続の申し込み」が完了すると、接続先テナントのダッシュボードの許可リクエスト欄の「受信したリクエスト」にリクエスト受信数がアイコンで表示されます。
tic12
  • 「受信したリクエスト」をクリックすると、受信した許可リクエスト一覧が確認できます。
tic13
  • 対象の「リクエストID」をクリックして受信した許可リクエストの詳細を確認し、問題なければ「承認する」をクリックします。
tic14
  • 許可リクエストの承認について確認のポップアップが出るため、問題なければ「OK」をクリックして承認します。
tic15

Enterprise Cloud 2.0接続の処理

  • 「Enterprise Cloud 2.0接続の承認」が完了後、接続元テナントのカスタマポータルのコントロールパネル上で、「SD-Exchange」カテゴリ→「Enterprise Cloud 2.0接続」とクリックします。
tic20
  • 対象の「Enterprise Cloud 2.0接続の処理」をクリックすると、処理の確認のポップアップが出るため、問題なければ「Enterprise Cloud 2.0接続の処理」をクリックして実行します。
tic21

Enterprise Cloud 2.0接続の確認

  • 接続元テナントでは、接続要求一覧にてEnterprise Cloud 2.0接続の接続状況が確認できます。接続済のものは「進捗」欄で「処理済み」と表示されます。
tic22
  • 接続先テナントでは、接続受入一覧にてEnterprise Cloud 2.0接続の接続状況が確認できます。接続済のものは「進捗」欄で「処理済み」と表示されます。
tic23

5.1.7.2. Enterprise Cloud 2.0接続の削除

Enterprise Cloud 2.0接続の削除

  • 削除時は、接続元テナントのカスタマポータルのコントロールパネル上で、「SD-Exchange」カテゴリ→「Enterprise Cloud 2.0接続」とクリックします。
tic31
  • 対象の「Enterprise Cloud 2.0接続の削除」をクリックすると、削除の確認のポップアップが出るため、問題なければ「Enterprise Cloud 2.0接続の削除」をクリックして実行します。
tic32