5.1.12. 遠隔データセンター接続

  • Enterprise Cloud 2.0 では、Enterprise Cloud 2.0 のテナントやNexcenterなどの主要データセンターを広帯域ベストエフォートな閉域L2ネットワーク、Universal One (UNO) DC間ネットワークにより接続します。
VPN Top

5.1.12.1. 遠隔データセンター接続のお申込み

  • Enterprise Cloud 2.0 と、遠隔データセンター接続のお申込みにあたっては、ポータル画面上ではなく、申込書をご記入頂く必要があります。
  • UNO申込書・ECL申込書の2通の提出が必要となりますのでご注意ください。詳細は営業担当にお問い合わせください。
  • 遠隔データセンター接続の申し込みにはECL2.0のテナント作成が完了している必要があります。
  • 工事日の日付指定はできないためご注意ください。

5.1.12.2. 遠隔データセンター接続(DIC)ゲートウェイの設定

遠隔データセンター接続ゲートウェイのお申込み後、工事が完了するとお申込時に入力していただいた情報が下図の通り表示されます。

VPN Top

DC間接続インタフェース、ゲートウェイインターフェイスの追加

表示されているDICゲートウェイの名前をクリックし、DICゲートウェイの詳細を表示します。
ロジカルネットワークを接続するためには「ゲートウェイインターフェイス」、DC間ネットワークに接続するためには「DC間接続インタフェース」の作成が必要です。
それぞれ、「DC間接続インタフェース」または「ゲートウェイインターフェイス」のタブを選択し、「インターフェイスの追加」をクリックします。
DIC

「DC間接続インタフェース」、「ゲートウェイインターフェイス」の追加時には、下記の項目を入力します。

DICGW Interface
名前 お客様で管理上の名前を任意に指定できます
説明 本ゲートウェイの説明に関する任意の項目です
ゲートウェイIPv4アドレス ゲートウェイに対して割り当てるIPアドレスを指定します。このIPアドレスは、接続するロジカルネットワークのIPアドレスレンジの範囲で割り当てる必要があります
プライマリIPv4アドレス ゲートウェイのプライマリIPアドレスを指定します。このIPアドレスは、接続するロジカルネットワークのIPアドレスレンジの範囲で割り当てる必要があります
セカンダリIPv4アドレス ゲートウェイのセカンダリIPアドレスを指定します。このIPアドレスは、接続するロジカルネットワークのIPアドレスレンジの範囲で割り当てる必要があります
VRRPグループID DC間接続ゲートウェイは、VRRPで冗長化構成を組んだ形でご利用いただけます。その際のVRRPのグループIDを指定します
接続ロジカルネットワーク(ゲートウェイインタフェースのみ) ゲートウェイに接続するロジカルネットワークを指定します
ネットマスク(DC間接続インタフェースのみ) DC間ネットワークセグメントのネットマスクを指定します

注釈

同一ロジカルネットワーク・DC間ネットワーク上でVRRPIDが重複すると、通信が正常に行えない可能性がありますので、他の機器と異なったVRRPIDを指定してください。

スタティックルートの追加

  • お客様は、DC間接続ゲートウェイ上にスタティックルートを設定することができます。
  • 「スタティックルート」のタブをクリックすると設定されているスタティックルートの一覧が表示されますので、「スタティックルートの追加」より実行してください。
  • DC間ネットワークは広域L2ネットワークとして提供されるため、ロジカルネットワーク向け・DC間ネットワーク向けの双方にスタティックルートを設定する必要があります。
  • DC間ネットワークはPoint-to-MultiPoint型で提供されるため、複数リージョンから1つのDC間ネットワークへ接続することが可能です。
  • 各リージョンにおいて、スタティックルートを設定してください。
DIC DICGW_staticroute