サーバ証明書を削除する方法

動作確認バージョン:Netscaler VPX Version11.0 Build67.12 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.0 Build53.13 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.1 Build52.15 Standard Edition
不要となったサーバ証明書はロードバランサー上から削除する事が可能です。
ここでは、不要となったサーバ証明書をロードバランサーから削除する方法について紹介します。

サンプル設定のシナリオ

  • 証明書(example-IA)を削除します。
<11.0-67.12 Standard Edition>
「Configuration」メニューから「TrafficManagement」→「SSL」→「Certificates」へと進み、SSL Certificates画面を表示後、対象の「Name」を選択し、「Delete」をクリックします。
Fig18502
<12.0-53.13 Standard Edition>
「Configuration」メニューから「TrafficManagement」→「SSL」→「Certificates」→「Server Certificates」へと進み、SSL Certificates画面を表示後、対象の「Name」を選択し、「Delete」をクリックします。
Fig18502

証明書がVirtual ServerにBindされている場合は以下のErrorメッセージが出力されて削除されません

Fig18505
証明書が使われていないときは、確認のポップアップメッセージが表示されるので、「Yes」をクリックします。
Fig18503
SSL Certificates画面から選択したNameが一覧から表示されなくなり、削除された事を確認します。
<11.0-67.12 Standard Edition>
Fig18504
Server Certificates画面から選択したNameが一覧から表示されなくなり、削除された事を確認します。
<12.0-53.13 Standard Edition>
Fig18504
これでサーバ証明書の削除が完了しました。