サーバを登録・編集・削除する機能

動作確認バージョン:Netscaler VPX Version11.0 Build67.12 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.0 Build53.13 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.1 Build52.15 Standard Edition
ロードバランシングの対象になるサーバのIPアドレスを登録する機能になります。
ここでは、登録の方法と、登録したサーバの編集ならびに削除する機能を紹介します。

サーバを登録する機能

ここでは、ロードバランサーに サーバ を登録する機能について紹介します。
設定は主に、「Servers」で実行していきます。

サンプル設定のシナリオ

  • ロードバランサー(192.168.2.11)に仮想webサーバ(192.168.2.12)の登録をしたい
構成図
Fig5101
「Configuration」メニューより「Traffic Management」→「Load Balancing」→「Servers」へと進み、Servers画面を表示後、「Add」をクリックします。
Fig5102
Create Server画面が表示されるので、以下の表のパラメータを入力していきます。
設定項目 設定値
Name web1(任意のサーバ名)
IPAddress 192.168.2.12
Traffic Domain 10(必ず10を指定してください)
設定値を入力し、「Create」をクリックします。
Fig5103

注釈

ECL2.0では、DNSクライアントとして利用できませんので「Domain Name」をご利用いただけません。

動作確認結果

Servers登録の初期画面を表示させた際に、登録したサーバが表示され「State」が「Enabled」となっていることが
確認できるため、サーバが登録できていることが確認できました。
Fig5104

登録済みサーバの設定を変更する機能

ここでは、ロードバランサーに登録済みServers設定の内容を変更する機能について紹介します。

サンプル設定のシナリオ

  • ロードバランサーに登録したwebサーバ(192.168.2.12)を別のWebサーバ(192.168.2.13)に変更したい
構成図
Fig5201
「Configuration」メニューより「Traffic Management」→「Load Balancing」→「Servers」へと進み、Servers画面を表示後、設定を変更したいServerを選択します。
Fig5202
「Edit」をクリックします。
Fig5203
Configure Server画面が表示されるので、「IPAddress」の変更を行い、「OK」をクリックします。
Fig5204

動作確認結果

変更が反映され、Servers画面が表示されます。
IPアドレスが192.168.2.13に変更されており、Stateも「Enabled」であるため
登録サーバのIPアドレスが変更されていることが確認できました。
Fig5205

登録済みサーバを削除する機能

ここでは、ロードバランサーで登録済みサーバを削除する機能について紹介します。

サンプル設定のシナリオ

  • ロードバランサー(192.168.2.11)から仮想webサーバ(192.168.2.13)を削除したい
構成図
Fig5301
「Configuration」メニューより「Traffic Management」→「Load Balancing」→「Servers」へと進み、Servers画面を表示後、削除したいServerを選択します。
Fig5302
「Delete」をクリックします。
Fig5303
確認のポップアップメッセージが表示されるので、「Yes」をクリックします。
Fig5304

動作確認結果

Servers画面から対象のServer表示がなくなっていることが確認できましたので
サーバの削除ができていることを確認できました。
Fig5305