5.4.1.3. ロジカルネットワークの接続

ここでは、作成したロードバランサーインスタンスに対して、ロジカルネットワークを接続する方法について説明します。ロードバランサーインスタンスの完了後、作成したロードバランサーの名前を選択するとロードバランサーインターフェイスの一覧が表示されます。

ロードバランサーインターフェイス

注釈

ここでは、ロードバランサーのプランを2Core-4interfaceで作成したため、ロードバランサーに接続可能な4つのインターフェイスが表示されます。


作成したロードバランサーに対してロジカルネットワークを接続するためには、「ロジカルネットワークの接続」を選択します。

インターフェイスの設定

「ロジカルネットワークの接続」画面において、接続するロジカルネットワークおよびそのインターフェイスに割り当てるIPアドレスを設定します。

インターフェイスの設定

接続を実行すると、設定したインターフェイスのステータスが「停止中」→「更新中」へと変わります。最終的にステータスが「稼働中」となれば、ロジカルネットワークの接続が完了したことになります。

注釈

  • ロジカルネットワークの接続および切断においては、ロードバランサーインスタンスの再起動が実行されます。
  • 本操作は10分程度かかる場合があります。
  • 本操作時に指定するIPアドレス帯は、ロードバランサー内部で利用しているIPアドレス帯と重複しない値を指定してください。重複した値を指定した場合、操作がエラーとなりロードバランサーの再作成が必要となる場合があります。