障害発生時の確認方法

動作確認バージョン:Netscaler VPX Version11.0 Build67.12 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.0 Build53.13 Standard Edition, Netscaler VPX Version12.1 Build52.15 Standard Edition
ここでは、NetScaler VPX について異常発生時のGUI画面確認方法、各種ログ出力について記載します。

前提条件

本項目には syslog / trap メッセージの確認があります。
それぞれの設定方法につきましては各チュートリアルをご確認ください。

VRRP障害

VRRP障害を確認する方法について記載いたします。

GUI画面での確認方法

タブ「Configuration」 System > Network > VMAC

Master に障害が発生した場合、Backup側がMasterに昇格します。VRRPのStateは以下の画面で確認できます。
lbop_vrrp_cap_fig48

syslog での確認方法

VRRPの切替わりが発生した場合、以下のメッセージが出力されます。
  • Masterに遷移した場合
LOCAL0.INFO:  2017/03/27:16:36:57  LB2 0-PPE-0 : default EVENT VRIDUP 6190 0 :  VRID_(40) - State Master
  • Backupに遷移した場合
LOCAL0.INFO:  2017/03/27:16:39:16  LB2 0-PPE-0 : default EVENT VRIDDOWN 6200 0 :  VRID_(40) - State Backup. Current Master: 100.xx.xx.26

trap での確認方法

注釈

事前にTrapのTypeをSpecificに設定いただくようお願いいたします。SNMP機能Trapの送信設定  を参考に設定ください。

VRRPの切替わりが発生した場合、以下のTrapが発出されます。

vridStateChange (1.3.6.1.4.1.5951.1.1.0.142)

OID: enterprises.5951.1.1.0.142
enterprises.5951.4.1.10.2.42.0 = Counter32: 40
enterprises.5951.4.1.10.2.43.0 = IpAddress: 192.168.10.251
enterprises.5951.4.1.10.2.44.0 = Counter32: 100
enterprises.5951.4.1.10.2.46.0 = STRING: "100"
enterprises.5951.4.1.1.2.0 = IpAddress: 100.xx.xx.30
パケットキャプチャ
lbop_vrrp_trap_fig49

インスタンス障害

インスタンス障害発生時の確認方法です。

ECLポータル上での確認

ECLポータル上でクラウドコンピューティング > ネットワーク > ロードバランサー と遷移していただき、以下の画面でロードバランサーの起動状態が確認できます。
lbop_portal_cap_fig50

trap での確認方法

注釈

事前にTrapのTypeをSpecificに設定いただくようお願いいたします。SNMP機能Trapの送信設定  を参考に設定ください。

インスタンスが再起動した場合は以下のtrapが発出されます。

coldStart (1.3.6.1.6.3.1.1.5.1)

OID: coldStart
snmpTrapEnterprise.0 = OID: enterprises.5951.1.1
enterprises.5951.4.1.1.2.0 = IpAddress: 100.xx.xx.30

Service/ServiceGroup/VirtualServer 障害

/Service/ServiceGroup/VirtualServer に障害が発生した場合の確認方法です。
  • Monitor(ヘルスチェック)がDownした場合
各サービスの状態を監視しているヘルスチェックが失敗した際の確認方法です。

syslog での確認方法

Monitorが失敗した場合以下の出力が確認できます。
LOCAL0.INFO:  2017/03/27:17:41:14  LB2 0-PPE-0 : default EVENT MONITORDOWN 6211 0 :  Monitor MonServiceBinding_TD_10_172.16.10.11:80_(http)(HTTP?Web-server-01?80) - State DOWN
  • Service/ServceGroup がDownした場合
ヘルスチェックが失敗すると、ServiceGroup/Server がDownします。
それらがDownした場合の確認方法を示します。

GUI画面での確認方法

ServiceがDownした場合、以下の画面で確認ができます。
タブ「Configuration」 Traffic Management > Load Balancing > Services > Statistics

以下の画面でDownを確認できます。
lbop_service_cap_fig51
ServiceGroup が Down した場合、以下の画面で確認ができます。
タブ「Configuration」 Traffic Management > Load Balancing > Services Group > Statistics

以下の画面でDownを確認できます。
lbop_sg_cap_fig52
Virtual Server が Down した場合、以下の画面で確認ができます。
ServiceGroup/Service がDownすると最終的にVirtual ServerがDownします。
タブ「Configuration」 Traffic Management > Load Balancing > Virtual Servers > Statistics

以下の画面でDownを確認できます。
lbop_vs_cap_fig53

syslog での確認方法

Service/ServiceGroup/VirtualServer がDownした場合、以下の出力が確認できます。
Service がDownした場合のsyslog出力
LOCAL0.NOTICE:  2017/03/28:02:52:21  LB1 0-PPE-0 : default EVENT DEVICEDOWN 434 0 :  Device "server_svc_cfg_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.10.12:80(http-service-02)" - State DOWN
ServiceGroup がDownした場合のsyslog出力
LOCAL0.NOTICE:  2017/03/28:02:41:16  LB1 0-PPE-0 : default EVENT DEVICEDOWN 425 0 :  Device "server_serviceGroup_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.10.11:80(HTTP?Web-server-01?80)" - State DOWN
Virtual Server がDownした場合のsyslog出力
LOCAL0.NOTICE:  2017/03/28:02:52:37  LB1 0-PPE-0 : default EVENT DEVICEDOWN 439 0 :  Device "server_vip_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.100.100:80(http-vserver)" - State DOWN

trap での確認方法

注釈

事前にTrapのTypeをSpecificに設定いただくようお願いいたします。SNMP機能Trapの送信設定  を参考に設定ください。

Service/ServiceGroup/VirtualServer がDownした場合、以下のtrapが発出されます。

entitydown (1.3.6.1.4.1.5951.1.1.0.8)

注釈

Service/ServiceGroup/VirtualServer の Down 時に発出されるtrapは、全て"entitydown (1.3.6.1.4.1.5951.1.1.0.8)"で送信されます。STRING: に格納されている情報でご判断ください。

Service Down でのtrap受信
OID: enterprises.5951.1.1.0.8
enterprises.5951.4.1.10.2.3.0 = STRING: "server_svc_cfg_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.10.12:80(http-service-02)_DOWN"
enterprises.5951.4.1.2.1.1.54.15.104.116.116.112.45.115.101.114.118.105.99.101.45.48.50 = STRING: "http-service-02"
enterprises.5951.4.1.1.2.0 = IpAddress: 100.xx.xx.26
ServiceGroup Down でのtrap受信
OID: enterprises.5951.1.1.0.8
enterprises.5951.4.1.10.2.3.0 = STRING: "server_serviceGroup_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.10.12:80(HTTP?Web-server-02?80)_DOWN"
enterprises.5951.4.1.2.7.1.33.4.72.84.84.80.21.72.84.84.80.63.87.101.98.45.115.101.114.118.101.114.45.48.50.63.56.48 = STRING: "HTTP?Web-server-02?80"
enterprises.5951.4.1.1.2.0 = IpAddress: 100.xx.xx.30
VirtualServer Down でのtrap受信
OID: enterprises.5951.1.1.0.8
enterprises.5951.4.1.10.2.3.0 = STRING: "server_vip_NSSVC_HTTP_TD_10_172.16.100.100:80(http-vserver)_DOWN"
enterprises.5951.4.1.3.1.1.59.12.104.116.116.112.45.118.115.101.114.118.101.114 = STRING: "http-vserver"
enterprises.5951.4.1.1.2.0 = IpAddress: 100.xx.xx.26
パケットキャプチャ
lbop_service_down_trap_fig54