コンテンツスイッチング機能をご利用いただくための事前設定

動作確認バージョン:Netscaler VPX Version12.1 Build52.15 Standard Edition
コンテンツスイッチング機能は、リクエストに含まれるDevice、URL、パス名、言語、Cookie、HTTP method等のクライアント属性でコンテンツの種類を識別し、あらかじめ用意したロードバランシング設定のVirtual Serverに振り分ける機能です。
ここでは、コンテンツスイッチング機能をご利用いただくための事前設定を紹介します。

注釈

  • コンテンツスイッチング設定の振り分け先として、ロードバランシング設定のVirtual Serverをあらかじめ用意する必要があります。 サーバを登録・編集・削除する機能 〜  クライアント向けのIPアドレスとサービス・サービスグループとの関連付け を参照いただき設定をしてください。
  • コンテンツスイッチング設定では、通信を待ち受けるIPアドレスをContent Switching Virtual Serverで設定しますが、ロードバランシング設定のVirtual Serverで設定するIPアドレスとは別のアドレスを用意頂く必要があります。
  • コンテンツスイッチングを利用したSSLオフロード構成において、ロードバランシング機能のVirtual Serverを設定する際にはSSLオフロード後のプロトコル(下記サンプル設定の場合はHTTP)を設定してください。
構成図
Fig18301

サンプル設定のシナリオ

設定項目 設定値    
Name web01 web02 web03
IP Address 192.168.100.101 192.168.100.102 192.168.100.103
Traffic Domain 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください)
設定項目 設定値    
Name server01 server02 server03
Existing Server web1(192.168.100.101) web2(192.168.100.102) web3(192.168.100.103)
Protocol HTTP HTTP HTTP
Port 80 80 80
Traffic Domain 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください)
Server ID None None None
Cache Type SERVER SERVER SERVER
設定項目 設定値    
Name vserver01 vserver02 vserver03
Protocol HTTP HTTP HTTP
IP Address Type IP Address IP Address IP Address
IP Address 172.16.100.101 172.16.100.102 172.16.100.103
Port 80 80 80
Traffic Domain 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください) 10(必ず10を指定してください)
Service Group server01 server02 server03

注釈

  • クライアントからロードバランシング設定のVirtual Serverで設定したアドレスへの通信設定は別途実施してください。