5.3.2.1. Brocade 5600 vRouterへのログイン

ファイアウォールの設定を実行するためには、Brocade 5600 vRouterにログインする必要があります。Brocade 5600 vRouterへのログイン方法は、下記の2通りの方法があります。いずれの方法においてもファイアウォールインスタンス作成時に表示されたパスワードが必要です。

  1. Brocade 5600 vRouter CLI (ssh経由)
  2. Brocade 5600 vRouter GUI (コントロールパネル)

注釈

Brocade 5600 vRouterは初回起動時はフィルタリングルールが設定されていない状態です。セキュリティの観点からインターネットに接続される前に、プライベートなネットワークにのみ接続し、そのインターフェイスからログイン、フィルタリングルールを設定することを推奨します

Brocade 5600 vRouter CLIへのアクセス方法(SSH)

ファイアウォールインスタンスに割り当てたIPアドレスに対して下記のようなコマンドを実行します。PWを求められるので、作成時に表示されたパスワードを入力します。

ssh user-admin@"Firewall IP address"
Welcome to Brocade vRouter
user-admin  password: "Enter password"

注釈

閲覧権限のみをもつユーザーでログインしたい場合は、user-read アカウントを使用してログインしてください。

Brocade 5600 vRouter GUIへのアクセス方法(コントロールパネル)

Brocade 5600 vRouterのGUIでアクセスしたい場合は、Webブラウザからファイアウォールインスタンスに割り当てたIPアドレスをURLとしてアクセスします。パスワードを入力してログインすると、下図のようなBrocade 5600 vRouterの管理画面が表示されます。

Vyatta GUI