vSphere ESXiサーバーの新規作成方法

ロジカルネットワークの作成が完了後、vSphere ESXiサーバー(以下、サーバー)を新規に作成します。
コントロールパネルの左側ナビから
専用ハイパーバイザー -> vSphere -> vSphere ESXi を選択します。
画面右上の「サーバーの起動」をクリックすることで、サーバーの作成画面に遷移します。
サーバーの作成画面にあたっては、下記の4つのタブでそれぞれ初期設定を入力することができます。

詳細 ご利用になるサーバー名称やスペック(flavor)、イメージ、サーバーを設置するゾーン/グループの設定
アクセスとセキュリティ サーバーの管理者パスワードの設定
ネットワーク サーバーが属するネットワーク、およびIPアドレスの設定。事前にロジカルネットワークを作成しておく必要があります。
メタデータ メタデータの登録ができます。

詳細

ここでは、サーバーのOS上のホスト名や、イメージの指定、サーバーを設置するグループ/ゾーンの設定を行います。

詳細タブ

注釈

複数のサーバーをご利用になる場合、ゾーンやグループを考慮してリソースを作成することで障害対策を実施することができます。
ゾーンおよびグループの考え方につきましては、サービス説明書(リージョン/ゾーン/グループ)をご確認ください。

アクセスとセキュリティ

次に、サーバー管理者パスワードの設定を行います。

注釈

サーバー作成後、管理者パスワードをこのコントロールパネルから変更することはできません。
パスワードを指定されなかった場合にはランダムに生成されたパスワードで設定されます。
生成されたパスワードは作成実行時のポップアップメッセージでのみ確認出来ます。
万が一確認されなかった場合にはサーバーを再作成頂く必要がありますのでご注意ください。
セキュリティタブ

ネットワーク

サーバーが属するネットワーク、およびIPアドレスの指定を行います。ここでは、2つのロジカルネットワークへの接続、IPアドレスの付与を行います。
ネットワーク設定に関する詳細は vSphere ESXi サービス説明書 をご確認ください。

注釈

本作業に入る前に、ロジカルネットワークの作成および共通機能ゲートウェイのお申し込みが必要です。 作成方法については、ロジカルネットワーク / 共通機能ゲートウェイ をご確認ください。

ネットワークタブ

メタデータ

ベアメタルサーバーにメタデータを設定します。KEY=VALUE形式で設定可能です。

メタデータ