VMware Hybrid Cloud Extensionハイブリッド機能ご利用方法

本チュートリアルでは、VMware Hybrid Cloud Extensionのハイブリッドクラウド機能のご利用の手順を紹介します

HCX サイトペアリングの実施手順

本章ではCloud側とEnterprise側でサイトペアリングを実施する手順を紹介します
  • 自己証明書をご利用の場合はEnterpirse側のHCX Managerにログインし、Administration>Certificate>Trusted CA Certificateから以下を入力し、IMPORTをクリック後「APPLY」を選択してください
    • Trusted CA Certificate:URLを選択し、https://<Cloud側のHCX ManagerのFQDN>を入力
../../../../_images/image2_1.png
  • 成功すると以下画面が表示されます
../../../../_images/image2_2.png
  • Enterprise側もConfigurationタブのvSphere Role MappingからEnterprise AdminのUser Groupを以下設定し、「SAVE」を選択します
    • User Groups:<vCenterのドメイン名>\Administrators
../../../../_images/image2_3.png
  • Enterprise側のvSphere web clientにログインし、HCXのDashbordタブの「NEW SITE PAIRING」をクリックする
../../../../_images/image2_4.png
  • 「Register Connection」を選択する
../../../../_images/image2_5.png
  • 以下パラメーターを入力し、「Register」を選択する
    • Site URL:https://<Cloud側のHCX ManagerのFQDN>
    • User Name:Cloud側のvCenterのユーザー名
    • Password:上記User Nameのパスワード
../../../../_images/image2_6.png
  • 「HCX Interconnect Service」、「WAN Optimization Service」、「Network Extension Service」の3つのチェックボックスにチェックを入れ、「Next」を選択する
../../../../_images/image2_7.png
  • HCX Interconnect ServiceにてEnterprise側のHybrid Cloud Gateway用の以下パラメーターを入力し、「Next」を選択する
    • Placement of Local Hybrid Cloud Gateway
      • Network:Hybrid Cloud Gatewayをデプロイする管理ネットワークを選択
      • Cluster/Host:Hybrid Cloud GatewayをホストするCluster/Hostを選択
      • Datastore:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンを格納するデータストアを選択
      • Appliance Name:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシン名を入力
    • IP Assignment
      • IP Address/PL:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンのIPアドレスを入力
      • Default Gateway:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンのデフォルトゲートウェイを入力
      • DNS:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンの参照先DNSを指定
    • Extended
      • vMotion Network:Hybrid Cloud Gatewayが使用するvMotionネットワークを選択
      • IP Address/PL:Hybrid Cloud GatewayがvMotionネットワークで利用するIPアドレスを入力
    • Passwords
      • admin password:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンのAdminパスワードを入力
      • root password:Hybrid Cloud Gatewayの仮想マシンのrootパスワードを入力
../../../../_images/image2_8.png
  • WAN Optimizationの帯域上限を入力し、「Next」を選択する。 デフォルトでは10000Mb/sが入力されますが、ご利用のWANの帯域に応じて変更してください。
../../../../_images/image2_9.png
  • Network Extension ServiceにてEnterprise側のL2 Concentrator用の以下パラメーターを入力し、「Next」を選択する
    • Distributed Switch:L2 Concentratorの仮想マシンが利用するDistributed Switchを選択

    • L2 Concentrator Placement:
      • Compute:L2 Concentratorの仮想マシンをホストするHostを選択
      • Datastore:L2 Concentratorの仮想マシンを格納するデータストアを選択
    • Management Network:
      • Appliance Name:L2 Concentratorの仮想マシン名を入力
      • IP Address/PL:L2 Concentratorの仮想マシンのIPアドレスを入力
      • Default Gateway:L2 Concentratorの仮想マシンのデフォルトゲートウェイを入力
    • Passwords:
      • admin password:L2 Concentratorの仮想マシンのAdminパスワードを入力
      • root password:L2 Concentratorの仮想マシンのrootパスワードを入力
../../../../_images/image2_10.png
  • 上記で入力した内容が正しく反映されていることを確認し、「Finish」を選択する
../../../../_images/image2_11.png
  • 成功した場合は、以下画面が表示されます
    • HCXのDashboardタブの「Site Pairings」でサイトペアリングがupとなっていることを確認する
../../../../_images/image2_12.png
  • HCXのInterconnectタブでHCX Interconnectのコンポーネントがデプロイされ、「Tunnel is Up」となっていることを確認する。※HCX Interconnectのコンポーネントのデプロイには数分程時間がかかります
../../../../_images/image2_13.png

HCX L2 Extension機能のご利用方法

本手順では、HCXのL2延伸機能のご利用方法を紹介します。HCX L2延伸機能をご利用になる際は、事前にCloud側で利用可能なNSX Edgeのデプロイが必要です
  • Cloud側でNSX Edgeを作成する。(利用可能なNSX Edgeをデプロイ済の場合は本手順をスキップします)
    • Cloud側のvCenterにログインし、Homeの「Networking and Security」を選択する
../../../../_images/image2_14.png
  • NSXホーム画面で NSX Edgeメニューを選択し、+のアイコンからEdgeを作成する
../../../../_images/image2_15.png
  • 以下パラメーターを入力し、「次へ」を選択
    • インストールタイプ:分散論理ルーターを選択
    • 名前:Edgeの名前を入力
    • NSX Edgeのデプロイ:チェックボックスにチェック
../../../../_images/image2_16.png
  • NSX Edgeアプライアンスの設定に関して、以下パラメーターを入力し「次へ」を選択
    • ユーザー名:NSX Edgeアプライアンスにログインする際のユーザー名を入力
    • パスワード:上記ユーザーのパスワードを入力
    • SSHアクセスの有効化:チェックボックスにチェック
../../../../_images/image2_17.png
  • NSX Edgeデプロイ時の設定に関して、以下パラメーターを入力し「次へ」を選択する
    • データセンター

    • NSX Edgeアプライアンス:+のアイコンをクリックし、以下パラメーターを入力
      • クラスタ/リソースプール:NSX Edgeアプライアンスを配置するクラスタ/リソースプールを選択
      • データストア:NSX Edgeアプライアンスを配置するデータストアを選択
      • フォルダ:NSX Edgeアプライアンスを配置するフォルダを選択
../../../../_images/image2_18.png
  • NSX Edgeの高可用性インターフェイスの設定で「選択」をクリックし、NSX Edgeに接続するネットワークを選択
../../../../_images/image2_19.png
  • NSX Edgeの高可用性インターフェイスのプライマリIPアドレスとサブネットのプリフィックス長を入力
../../../../_images/image2_20.png
  • 「この NSX Edge のインターフェイスを設定します」の下の+アイコンをクリックし、NSX Edgeインターフェイスの設定をする
    • 以下パラメーターを入力し、「OK」をクリック
      • 名前:NSX Edgeのインターフェイス名を入力
      • タイプ:アップリンクを選択
      • 接続先:「選択」をクリックし、表示されるモーダルで接続する管理ネットワークを選択
      • サブネットの設定:NSX EdgeインターフェイスのプライマリIPアドレスとサブネットのプリフィックス長を入力
../../../../_images/image2_21.png
  • 上記入力内容が正しく反映されていることを確認し、「次へ」を選択
../../../../_images/image2_22.png
  • NSX Edgeのデフォルトゲートウェイに関して、vNICとゲートウェイIPを入力し「次へ」を選択
../../../../_images/image2_23.png
  • 上記入力内容が正しく反映されていることを確認し、「完了」を選択
../../../../_images/image2_24.png
  • 作成が成功した場合は以下画面で作成したNSX Edgeが表示されます
../../../../_images/image2_25.png
  • Enterprise側のvSphere web clientにログインし、HCXのInterconnectタブでExtended Networksを選択し、「Extend Network」をクリックする
../../../../_images/image2_26.png
  • Cloud側に延伸するネットワークを選択し、以下入力してStretchをクリックします。
    • Gateway/Prefix Length:延伸するネットワークのGateway IPを入力
../../../../_images/image2_27.png
  • 以下画面で選択したネットワークが延伸されていることを確認します
../../../../_images/image2_28.png

vMotion機能のご利用方法

本章ではEnterprise側からCloud側にvMotionする手順を紹介します。事前にL2延伸の実施と延伸したネットワーク上に移行予定のVMの作成が完了していることを前提とします。
  • Enterprise側のvSphere web clientにログインし、HCXのMigrationタブの「Migrate Virtual Machines」をクリックします。
../../../../_images/image2_29.png
  • 移行するVMのチェックボックスにチェックを入れ、以下パラメータを入力してNEXTを選択します
    • Specify Destination Folder:移行VMを格納する移行先のフォルダを選択
    • Specify Destination Container:移行VMを格納する移行先のホストを選択
    • Select Storage:移行VMを格納する移行先のストレージを選択
    • Select Virtual Disk Format:移行VMの移行先でのプロビジョニングフォーマットを選択
    • Select Destination Network:自動で選択されます
    • Select Migration type:vMotionを選択
../../../../_images/image2_30.png
  • Validationが成功していることを確認し、FINISHを選択します
../../../../_images/image2_31.png
  • 移行の処理が始まると以下の画面が表示されます。
※移行完了までに要する時間は移行するVMや利用する帯域に大きく依存しますが、一般的に数分から数十分程度要します。
../../../../_images/image2_32.png