2.1.2. ポータルのご利用方法

注釈

本ページで表示される画面は、管理ユーザーのものとなっています。一般ユーザーがアクセスした際の画面は、一部異なる箇所があります。

Smart Data Platform で使用する各種ポータル画面へのアクセスは、ビジネスポータルへのログインが必要です。ビジネスポータルにログインし、「サービス管理」をクリックし、下図の画面から「Enterprise Cloud 2.0 / Flexible InterConnect」選択します。

ビジネスポータルのサービスタブ

1つのビジネスポータルのアカウントに複数 Smart Data Platform の契約がある場合は、下図のような契約一覧が表示されます。その中からログインしたい契約番号をクリックします。

契約リスト

契約番号をクリックすると、下図のような Smart Data Platform ポータルのトップ画面が表示されます。

ポータル

このポータル画面で操作できる内容は、下記の通りです。

注釈

ポータル画面の操作は最新版のChromeおよびFirefoxをご利用ください。


ユーザー管理 お客様のご契約に対してアクセス権があるユーザー(アカウント)一覧を表示できます。この操作は、管理ユーザーのみ実行可能です。
テナントの新規追加 Smart Data Platform でご利用になる、仮想サーバーやネットワークなどを管理するテナントを作成できます。作成方法については、テナントの管理 をご確認ください。この操作は、管理ユーザーのみ実行可能です。なお、テナント内での各リソースの操作については、次章以降で説明いたします。
各種コントロールパネルへの遷移 それぞれのテナントがもつコントロールパネルへと遷移することができます。
API鍵の更新 「プロファイル」画面から、ご利用中のユーザーのAPI鍵を更新することができます。一度API鍵の更新をすると、以前お使いになっていたAPI鍵をご利用できなくなりますので、ご注意ください。
請求情報の確認 画面上部の「料金」より、お客様のご契約内の前月ご利用分の確定料金、および当月これまでのご利用料金の速報値をご確認することができます。詳しくは、ご契約情報の管理 をご確認ください。なお、この操作は、ご契約を行ったユーザー(管理ユーザー)のみ実施可能です。
チケット作成 本サービスご利用にあたって、ご不明点がある場合、チケットを起票してお問い合わせいただくことができます。画面上部の「サポート」よりアクセス可能です。また、お客様がお使いのリソースに発生した障害やベアメタルサーバーにおける故障部品の交換対応などもチケット上でご連絡いたします。