3.1.2.9. ベアメタルサーバーへのOS持ち込み方法

以下の内容は、Windows Server 2012 R2のISOイメージをベアメタルサーバーへインストールする場合の手順例になります。


事前作業

  • インストールしたいOSのISOイメージを、イメージ保存領域にアップロードします。(UEFIブート可能なISOイメージを前提としています)
  • イメージ無しのベアメタルサーバーを作成します。
  • 「サーバーの停止」を押下して、作成したベアメタルサーバーを一旦停止させます。

持込OSインストール作業

  • イメージ無しで作成したベアメタルサーバーにメディアの接続機能を利用し、インストールしたいOSのISOイメージをアタッチします。
  • アクションより「ブートモードの変更」を選択し、ブートモード選択ボックスより「ISOブート」を選択し「ブートモードの変更」ボタンを押下することでサーバが起動します。
iso_bringing00

  • リモートコンソールアクセス機能よりコンソールにアクセスし、コンソール画面で「Press any key to boot from CD or DVD....」と表示されたら、任意のキーを押下してください。
iso_bringing01

  • インストールが開始されます。
iso_bringing02