7.1.4. レポート機能のご利用方法

テナント単位に、すべてのバックアップ対象サーバーのバックアップ成否を一覧で確認することができます。 バックアップのコントロールパネルから、「Backup Reports」アイコンを押下することで、対象期間内のバックアップ履歴が表示されます。


7.1.4.1. レポートの表示

「Date Range」から対象期間を指定できます。なお、グラフ表示は最大・直近14日間となります。
「Client Name」から表示する対象のサーバ(すべて、一部)を指定することができます。
「Job Status」から実行したバックアップの成否を指定することができます。

注釈

表示の対象を指定する場合には「Apply」ボタンを押下してください。

注釈

円グラフ(Job result、Client type )が表示されない場合には、Shiftキーを押しながらブラウザをリロードすることで再表示されます。

image

7.1.4.2. 詳細情報の表示

表形式で、バックアップジョブの履歴を表示します。
表示項目は、下記となります。表示項目を絞りこむ場合には「Select column」リンクを押下し、表示項目のボタンを選択してください。
レポート機能では、一度に表示される件数の最大は50件、最大2000件まで閲覧できます。

表示項目 説明 内容
Job ID 各サーバーでのバックアップジョブごとに割り振られた識別子 数字
Client Name バックアップ対象クライアント名 英数字、-(ハイフン)、_(アンダスコア)、.(ピリオド)
Client Type バックアップ対象サーバのOS種別 Windows file system / Linux file system
System State Windowsのシステムバックアップ、リストアに必要なレポジトリ等の情報をバックアップ対象にしているか否かの識別子 × / レ
Trigger 実行したバックアップの種別。API、もしくはコントロールパネルから随時バックアップを実施した場合は「GUI」と表示されます GUI / Schedule
Backup Type 実行したバックアップファイルの更新対象。初回、プラン変更時は必ず「Full」になります。 Incremental / Full
Job Status 実行したバックアップの成否、お客さまによる中止 Success / Failed to start / Failed / Killed
Failure Reason バックアップ実行に失敗した場合、エラーの内容が表示されます。 Another backup is running for the client. / Killed / other
num of files バックアップに成功した場合、バックアップした対象のファイル数 数字
Size(GB) バックアップに成功した場合、バックアップした対象のファイルサイズ(合計) GB単位
Start(UTC) バックアップを開始した時刻 UTC時刻
End (UTC) バックアップを終了した時刻 UTC時刻
Duration バックアップ開始から終了までの時間 hh(時間) mm(分) ss(秒)

注釈

Durationはユーザからみたときのバックアップ時間(Start(UTC)からEnd(UTC)まで)となります。一方、サーバーごとの履歴「バックアップ詳細」にある「経過時間」はバックアップサーバーの処理時間が表示されるため、「Duration」と異なり、短い場合があります。

image

注釈

バックアップの設定(メニュー、プラン)をしないで実行した場合は、バックアップに失敗した内容がレポートに表示されません。


7.1.4.3. 外部ファイル出力

CSV形式のファイルに出力することができます。
ファイルをダウンロードする場合には、「download」リンクを押下してください。
なお、表示項目と同じ内容のファイルが出力されるため、項目を絞り込んで出力することもできます。