7.1.5. Agent Update(SP3→8)手順について

注釈

本手順ではWindowsおよびLinuxでのAgent update手順を記載いたします。
この章は2019年2月以前からご利用のサーバーが対象になります。
2019年2月以降にご利用の場合本手順は不要です。

7.1.5.1. Windows Server

本構成について

以下環境のもとチュートリアルを作成しています。
  • オフィシャルイメージ

    WindowsServer-2012R2_Standard_64_include-license_baremetal-server_01

  • ネットワーク接続

    共通機能ゲートウェイ

  • アップデートを行うツール

    Updater_sp3_sp8_Windows.exe

手順

  • Commvault process manager を起動し、Versionを確認します。

    image

  • Updateプログラムを以下URLからダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルを右クリックし、Administrator権限で実行します。
    このとき、Agentは起動中でも停止中でもどちらでもかまいません。
    Update完了後は、自動的に起動状態となります。
    image

注釈

DNAT設定している場合は、Updateプログラムを以下URLからダウンロードします。
http://<DNAT設定IPアドレス>:<ポート>/downloadcenter/updates/Updater_sp3_sp8_Windows.exe
PowerShellまたコマンドプロンプトを起動し、ダウンロードしたプログラムを以下のように実行します。
Updater_sp3_sp8_Windows.exe <DNAT設定IPアドレス> <ポート>
image

  • "Update was completed” メッセージが表示されたらUpdate完了です。

    image

  • Commvault process manager を起動し、Versionを再度確認します。

    image

  • ServiceでAgentの起動状態を確認します。
    Commvault Communications ServiceとCommvault Client Manager Serviceが起動していることが確認できれば作業は完了です。
    image

7.1.5.2. Linux

本構成について

以下環境のもとチュートリアルを作成しています。
  • オフィシャルイメージ

    RedHatEnterpriseLinux-7.3_64_include-license_virtual-server_12

  • ネットワーク接続

    共通機能ゲートウェイ

  • アップデートを行うツール

    Updater_sp3_sp8_Linux


手順

  • “commvault status” コマンドで、version を確認します。

    image

注釈

※DNAT設定している場合は、Updateプログラムを以下URLからダウンロードします。
curl -O http://<DNAT設定IPアドレス>:<ポート>/downloadcenter/updates/Updater_sp3_sp8_Linux
ダウンロードしたプログラムを以下のように実行します。
chmod 755 Updater_sp3_sp8_Linux
./Updater_sp3_sp8_Linux <DNAT設定IPアドレス> <ポート>


  • ダウンロードしたファイルに実行権限を付与して実行します。
    image

  • “Update was completed.” が表示されるとUpdate作業は完了です。
    image


  • “commvault status” コマンドでVersion が”SP8” であることを確認します。

    image

  • 併せて “commvault list”コマンドで4つのプロセスが起動していることを確認し完了です。

    image