2. ポータルのご利用方法

2.1. ポータルへのログイン

再販パートナーさま、及び、パートナーさまのエンドユーザーさま向けには、以下のログインポータルをご用意しています。こちらにアクセスし、サインアップ時に設定したログインIDとパスワードでログインしてください。

ログインポータル

ログインポータルのURLは以下の通りです。 いずれのサイトからでもログインは可能ですので、お近くのサイトをご利用ください。

ロケーション URL
日本 https://portal-jp.ecl.ntt.com
アメリカ https://portal-us.ecl.ntt.com
ヨーロッパ https://portal-eu.ecl.ntt.com
APAC https://portal-apac.ecl.ntt.com

ログイン後の画面で、下図のようにプルダウンメニューから Smart Data Platform を選択します。

ログインポータルのクラウドタブ

選択すると、下図のような Smart Data Platform ポータルのトップ画面が表示されます。

ポータル

2.2. 子契約管理機能

再販パートナーさま向けのポータル画面では、画面上部に「子契約」というメニューが表示されます。 これはパートナーさま契約配下に作成する子契約を効率的に管理するための機能です。

子契約

子契約管理機能のご利用方法については、子契約管理機能 をご覧ください。

注釈

子契約管理機能以外のポータル機能は、他の一般のユーザー向けのポータルと同様ですので、操作方法等は該当のチュートリアルページを参照ください。


2.3. チケット作成

再販パートナーさまは、チケットシステムをご利用いただけます。ログイン後の画面で、下図のようにプルダウンメニューから「サービスデスク」-「チケット作成」を選択します。

チケット作成

チケットシステムの操作方法等は、一般のユーザーさまと同様です。詳しくは チケットシステムのご利用方法 をご参照ください。


注釈

エンドユーザーさまは本チケットシステムをご利用いただけません。サービスについてのお問い合わせは再販パートナーさまへお願いいたします。


2.4. アクセス管理

アクセス可能なIPアドレスを指定することで、ポータルへアクセスできるIPアドレスを制限することが出来ます。

注釈

IPアドレスによるアクセス制限を適用すると、適用直後から登録されたIPアドレスのネットワーク以外からはアクセス出来なくなります。契約内の全ユーザーがアクセス出来なくなることを防ぐため、十分に確認の上、操作を実行してください。


下図のようにプルダウンメニューから「管理」-「アクセス管理」を選択します。

access_management

画面下部の「許可済ネットワークからのログインのみ」の「編集」ボタンを押下します。

known_network_only

「許可済ネットワークからのログインのみ」のカラムで、IPアドレスによるログインを 制限したいユーザーは「有効」 を選択し、 制限したくないユーザーは「デフォルト(無効)」もしくは「無効」 を選択してください。

edit_known_network_only

注釈

「保存」ボタンを押下すると変更は直ちに反映されますので、十分に確認の上、操作を実行してください。 ここで「無効」を設定したユーザーは下記で行う「認証ポリシー」の設定の影響を受けず、全てのアドレスからのログインが許可されたままとなります。


次に、同じく「管理」-「アクセス管理」の画面上部「認証ポリシー」の「編集」ボタンを押下します。

auth_policy

以下の手順でアクセスを許可するネットワークを指定します。

  • 「許可済みネットワーク」のところで、「+」をクリックし、アクセスを許可する「IPアドレス」を入力する
  • 「許可済みネットワークからのログインのみ」のプルダウンリストから「有効」を選択する
  • 「保存」を押下する
edit_auth_policy

注釈

「保存」ボタンを押下すると変更は直ちに反映されますので、十分に確認の上、操作を実行してください。