4. 子契約管理機能

4.1. 子契約の一覧

再販パートナーさま向けのポータル画面では、画面上部に「子契約」というメニューが表示されます。 これはパートナーさま契約配下に作成する子契約を効率的に管理するための機能です。

子契約管理メニュー

上図の「子契約」メニューを選択すると、100件を上限として子契約の一覧が表示されます。

子契約一覧

注釈

子契約管理機能以外のポータル機能は、他の一般のユーザー向けのポータルと同様ですので、操作方法等は該当のチュートリアルページを参照ください。子契約一覧に目的の子契約が表示されない場合は 子契約の検索 によって目的の子契約を検索してください。

注釈

パートナー契約の概要については、こちら を参照ください。


4.2. 子契約の作成

子契約一覧画面から「契約新規作成」を選択すると、次の画面から子契約の作成を行うことができます。 必要な項目を入力し、「この内容で作成」をクリックすると新しい子契約が作成されます。

子契約の作成
「チャネル」は契約を管理するグループで、全ての子契約はチャネルに紐付いて管理されます。リストが1つだけ表示されますので、それを選択して下さい。
「ログインID」「パスワード」は子契約の管理ユーザーのログインIDとパスワードとなります。指定の文字種を使って設定してください。

注釈

「お客様番号(パートナーさまご指定の契約管理番号」は半角英数6~50文字を使って、任意のIDを付与することができます。パートナーさま側のシステムで管理されているIDとの紐づけ等でご活用いただくことができます。

「通知Email発送実施」にチェックを入れると、子契約作成時に「メールアドレス」で指定したアドレス宛てに契約作成の案内メールを送ることができます。

4.4. 子契約情報の参照

以下の画面から対象の子契約のeconから始まるIDもしくは右端の「詳細」を選択することで、該当の子契約の契約情報を確認することができます。
子契約情報の参照
下図の画面が表示され、契約ID等の各種情報を確認することができます。

本画面から、以下の設定/確認が可能です。

  • 契約グループの所属情報
  • 子契約ユーザからの料金情報参照可否の設定
  • 契約通知設定
  • 子契約の削除
子契約情報1

4.5. 子契約のワークスペース管理

以下の画面から対象の子契約を選択し、「ワークスペース」を選択することで、該当子契約のワークスペースを管理することができます。
ワークスペース管理

子契約ワークスペースの新規作成

パートナーさまは配下の子契約(エンドユーザー契約)にワークスペースを作成することができます。

上図の操作で、下図の画面が表示され、「ワークスペース新規作成」をクリックすると選択した子契約に対してワークスペースを作成することができます。

ワークスペース一覧
ワークスペースの新規追加画面でのワークスペース作成等の操作は一般の契約での操作と同様ですので、操作方法については ワークスペースの新規作成 をご覧ください。

子契約ワークスペースのアクセス権設定

子契約に属するワークスペースに対しては、子契約内のユーザーに加え、親契約のユーザーにもアクセス権を付与することができます。

以下のような手順で、子契約に所属するワークスペースに対して、アクセス権を付与することができます。
子契約のワークスペース一覧画面において、アクセス権の設定をしたいワークスペースを選択します。子契約のワークスペースを選択した状態でダッシュボードに遷移します。ヘッダのワークスペース名のプルダウンから「アクセス権の編集」をクリックします。
ワークスペース選択
ワークスペースのアクセス権編集

下図のようなワークスペースのアクセス権編集画面において、アクセス権を付与したい一般ユーザーのユーザーIDにチェックを入れ、「変更を完了」を実行します。 子契約ユーザに加え、自契約ユーザー(親契約のユーザー)を選択することも可能です。

ワークスペースの編集

親契約のユーザーのプロファイルにおいて、「ワークスペースアクセス権の自動付与」の設定を有効にすることで子契約のワークスペースの詳細画面を開いた際、自動で自身と対象のワークスペースにアクセス権を付与することが可能です。

ワークスペースの説明変更

ワークスペース作成時に入力したワークスペースの説明を変更することができます。

ワークスペース選択状態から、プルダウンで「詳細」を選択します。下図のようなワークスペースの情報が表示されるので、「編集」を選択します。

ワークスペース情報

下図のような編集画面において、新しくワークスペースの説明を入力し、「変更を完了」を実行します。

アクセス権追加

ワークスペースの切り替え

ワークスペースの詳細画面より「子契約ワークスペース切り替え」を選択することで、選択中のワークスペースを持つ子契約のワークスペース一覧に遷移し、別のワーススペースを選択することが可能です。別の子契約のワークスペースを選択したい場合は再度子契約の一覧より対象契約のワークスペース一覧画面へ遷移してください。

4.6. 子契約のユーザーの管理

以下の画面から対象の子契約を選択し、「ユーザー」を選択することで、該当の子契約のユーザーのプロファイルを参照することができます。
ユーザー管理

下図の画面が表示され、詳細をクリックすることで該当ご契約に属するユーザーのプロファイルを表示することができます。

ユーザー

「ユーザー新規作成」を選択することで、子契約に対して一般ユーザーを追加することが可能です。

新規追加

また、対象子契約の契約代表ユーザーを変更することが可能です。 対象子契約の契約代表ユーザープロファイル画面から以下のボタンをクリックします。

新規追加

下図の画面が表示され、新しい契約代表ユーザーとしたい一般ユーザを選択し、「変更を完了」のボタンをクリックします。

新規追加

確認のポップアップが表示されますので、「OK」を選択すると、契約代表ユーザーの変更が実施されます。

契約代表ユーザー以外のユーザーは削除することも可能です。 下図プロファイルの右上にある「ユーザー削除」をクリックします。確認のポップアップが表示されますので、「OK」を選択すると、ユーザーの削除が実施されます。

ユーザ削除

4.7. 子契約の通知設定

パートナーさまは配下の子契約(エンドユーザー契約)に対して、 Smart Data Platform から通知されるメールの受信可否を設定することができます。

子契約一覧の画面から設定したい契約の契約情報にアクセスします。契約情報画面内の下図の「通知設定」より「編集」をクリックします。
契約通知設定管理リンク
下図のように、「契約通知設定編集」の画面に遷移しますので、子契約に対して受信させるメールのカテゴリについてはチェックを入れ、そうでない場合にはチェックを外して、「変更を完了」のボタンをクリックします。
契約通知設定管理画面

変更が完了すると、契約情報の画面に遷移します。

注釈

通知の設定の反映には時間がかかる場合がございます。

メールの種別について

Smart Data Platform ではサービスに関して、以下のようなメール通知を子契約に対して実施いたします。

注釈

子契約のユーザーは個別に自身の受信設定を ユーザー通知設定管理機能 にて変更することができますが、子契約の通知設定 で受信しない設定にしたカテゴリは、子契約ユーザーの設定画面には表示されず、設定変更することもできません。

メール通知カテゴリ一覧
メール通知カテゴリ 説明 備考
お知らせ/リリース情報 新メニュー/機能追加などのお知らせ、仕様変更などに関するお知らせです。
故障 故障に関する情報の通知です。 契約代表ユーザーは受信設定を無効にすることはできません。一般ユーザーは一括で設定を無効もしくはアクセス権を持つワークスペースそれぞれに受信の設定をすることが可能です。
メンテナンス メンテナンスに関する情報の通知です。 一括で設定を無効もしくはアクセス権を持つワークスペースそれぞれに受信の設定をすることが可能です。

4.8. 子契約毎の料金確認

パートナーさまは配下の子契約(エンドユーザー契約)の料金情報を確認することができます。
料金情報の確認方法は以下の2種類がございます。
  • ログインユーザが直下のチャネルの子契約に請求する料金明細(明細一括ダウンロード)
  • ログインユーザが請求される料金明細,またその内の子契約が利用した分の料金明細(ホールセール向け料金明細一括ダウンロード)

明細一括ダウンロード

以下の画面から対象の子契約を選択し、「料金(ご請求明細)」を選択することで、該当の子契約のユーザーの料金を確認することができます。「料金(お支払明細)」を選択することで、パートナーさまがご請求される利用料金のうち、子契約が利用した分の月額料金が表示されます。
料金管理
「料金(ご請求明細)」で表示される料金は、該当の子契約が Smart Data Platform を利用いただいた際の月額の料金で、子契約のポータルにも同じものが表示されています。(子契約のポータルで表示を不可としたい場合は、子契約情報の参照 をご参照ください。 )パートナーさまは、エンドユーザーさまへサービス料金を請求される際の参考情報としてお使いいただけます。
表示内容は一般の契約と同様ですので、内容については ご契約情報の確認 をご参照下さい。
また、パートナーさまは管理する子契約全ての料金明細のCSVをzipファイルにてダウンロードすることが可能です。子契約一覧の画面より「明細一括ダウンロード」をクリックします。
下図のように、1ヶ月(当月)から24ヶ月の期間を選択し、「この内容で作成」をクリックするとZIPファイルの作成が開始され、完了するとダウンロードが開始します。

作成されたZIPファイルには、月毎のCSVファイルが含まれています。

CSVのフォーマットについては、 ご契約情報の確認(CSV形式の構造について) をご参照ください。また、通常のCSV構造に加えて、子契約毎の区切りとして、以下のレコード種別番号が追加されます。

Record type
レコード内容 説明 レコード種別番号(2列目)
子契約区切り CSV内で子契約毎の区切りを表す行です。※通常の区切りレコードと同様3-7列目は空文字となります。 50

ホールセール料金の明細一括ダウンロード

本機能では自身の請求される料金と自身が請求される子契約分の料金の詳細を一括でダウンロードすることが可能です。
ヘッダの管理者メニューより「請求明細履歴」をクリックし、自身のご料金明細の画面から、以下の画像のリンクをクリックします。
料金管理(ホールセール)

明細一括ダウンロード同様、1ヶ月(当月)から24ヶ月を選択し、「この内容で作成」をクリックするとZIPファイルの作成が開始され、完了するとダウンロードが開始します。 作成されたZIPファイルには、月毎のCSVファイルが含まれています。

CSVのフォーマットについては、 ご契約情報の確認(CSV形式の構造について) をご参照ください。また、通常のCSV構造に加えて、子契約毎の区切りとして、以下のレコード種別番号が追加されます。

Record type
レコード内容 説明 レコード種別番号(2列目)
子契約区切り CSV内で子契約毎の区切りを表す行です。※通常の区切りレコードと同様3-7列目は空文字となります。 50

4.9. 子契約へのアクセス権の設定

Smart Data Platform では、パートナーさまの各ユーザがどの子契約にアクセスしてよいか管理するための機能を備えています。

アクセス方法

この機能は、以下のどちらかの画面からご利用いただくことが可能です。
  1. ヘッダの管理者メニューから
アクセス方法1
  1. 子契約の一覧画面から
アクセス方法2

機能の概要

機能概要
  • この機能で管理を行なっていない場合、左図のように全てのパートナー様の契約内のユーザから全ての子契約にアクセスすることが可能です。
  • この機能を利用すると、複数の契約グループを作り、それぞれの契約グループの範囲でアクセスできる子契約を制限できるようになります。
  • 各契約グループ内のユーザは、その契約グループにアクセス権が設定されている子契約のみを閲覧したり操作したりすることができます。
  • 契約グループは階層的に構成することができます。ある契約グループに契約へのアクセス権を付与する場合、その契約グループより上位の契約グループにもアクセス権が付与されている必要があります。

契約グループの作成

契約グループは、契約グループの一覧から作成することができます。まず、下位グループを追加したい 契約グループの、「下位契約グループ追加」を選択します。

作成開始

その後の画面で、契約グループの名前と説明文の指定を行います。 契約グループ名は半角英数と記号、説明文には任意の文字をご利用いただけます。 また、契約グループ名、説明文はどちらも後から変更いただけます。

入力が完了したら、「この内容で作成」ボタンを押してください。

名前と説明文指定

契約グループの一覧画面に、契約グループが追加されているのをご確認いただけます。

作成確認

契約グループへの子契約アクセス権の追加

契約グループにアクセス権を付与したい子契約を追加します。 まず、子契約を追加したい契約グループの「子契約割当て」を選択します。 契約グループに追加したい子契約にチェックを付け、「変更を完了」を押します。

契約追加2
  • 一つの子契約は同時に複数の契約グループに追加することができます(アクセス権を付与している、とお考えください)
  • ある契約グループに子契約へのアクセス権を追加した際に、その契約グループより上位の契約グループがアクセス権を持っていない場合、自動的にアクセス権が付与されます
  • 逆に、ある契約グループから子契約へのアクセス権を剥奪した場合、その契約グループ以下全ての契約グループからその子契約へのアクセス権が剥奪されます。

契約グループへのユーザの追加

ユーザを追加したい子契約を契約グループの「所属ユーザー追加」を押下します。 この契約グループに追加したいユーザをチェックし、「変更を完了」を押します。

ユーザ追加1
  • 子契約と異なり、ユーザは同時に一つの契約グループにしか所属することができません。上記の操作を行なってある契約グループにユーザを追加した場合、そのユーザは前に所属していた契約グループには属さなくなります。
  • 契約代表ユーザは必ずRoot契約グループに属するため、所属する契約グループを変更することはできません。

その他注意点

  • ある契約グループに属しているユーザが契約作成を行なった場合、新しい子契約はそのユーザの属する契約グループに最初から所属した状態で追加されます。
  • ユーザがログインポータルで最初に作成されると、そのユーザはRoot契約グループに属しており、全ての子契約にアクセスが可能です。アクセスの制限が必要な場合、速やかに契約グループの移動を行なってください。