vSphere ESXi6.0 ファイルストレージスタンダードのマウント方法について

はじめに

本文書の目的、位置づけ

この文書は、Enterprise Cloud2.0(以下、「ECL2.0」と記載します)をカスタマーポータルからご利用であり、VMware社が提供するvSphere製品を活用した仮想化環境構築経験のあるお客さまを対象としております。 以下のメニューの作成が完了した段階からの手順をご紹介しております。


事前にご準備いただくもの

vSphere Clientがインストール可能な端末(ESXiの操作はコンソール接続時以外、vSphere Clientで実施します)
インストールに必要な要件は以下のVMware社の vSphere Client and vSphere Web Client Software Requirements を参照してください。
  • ECL2.0にインターネット接続可能なネットワークをご用意ください。
  • NetAppNasPluginをチケットにて問合せし最新版をご用意いただく。

参照するサービス説明書

主に以下のサービス説明書を参照頂き、本手順書をご確認ください。

  • ファイルストレージスタンダードチュートリアル(VAAIプラグイン)
  • ファイルストレージ サービス説明書
  • 専用ハイパーバイザー vSphere ESXi サービス説明書
  • 専用ハイパーバイザー ゲストイメージ サービス説明書

本項のご利用にあたって

本項を参照いただくにあたって、以下の点にご留意ください。
  • 本項では、本項にて紹介する構成を、実際に弊社にて構築した際の手順を、一例として紹介します。お客さまの環境・構成において動作することをお約束するものではありません。
  • 本項では、本項で扱う構成を構築する場合に求められるECL2.0固有の操作を中心に紹介します。vSphere ESXiの一般的な操作方法については、記載しておりませんのでご注意ください。
  • 本項では、ロジカルネットワークやvUTMの作成、仮想サーバーの作成など一般的な操作について記載しておりません。一般的な操作は、Enterprise Cloud 2.0 サービス説明書やチュートリアルをご参照ください。
  • 本項の記載は、予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

警告

ファイルストレージのチュートリアル内ではESXi単体でのマウント方法の記述がされていますが、クラスター構成を組む際はESXiのホスト単位でファイルストレージマウントするのではなく、クラスター単位でのマウントを推奨します。
ホスト毎でマウント行った場合にNFS Version差分が発生した場合にデータ破損が起こる可能性があります。

構築手順

本構成内容は vSphere HA/FT 構成ガイド で記載されているクラスター構成を組まれた後の内容を含みます。

ホスト単位でのNetAppNasPluginのインストール方法

VMware ESXiサーバーより、VAAIを利用する為に必要なプラグインをインストールする手順になります。

前提条件
本手順は事前にファイルストレージスタンダードをお申し込みいただき、事前にESXiサーバーにファイルストレージのマウントが完了していることを前提としております。

VAAIプラグインのバイナリ入手

本プラグインのバイナリについてはサポートチケットでご依頼ください。
DLリンクを送付いたします。
サポートチケットの内容は以下で起票ください。
カテゴリ Datacenter / Enterprise Cloud 2.0 NTTCommunications Support /General Inquiry
タイプ お問い合わせ
内容 ファイルストレージスタンダード VAAIプライン提供依頼
サービスメニュー ファイルストレージ
テナントID <該当テナントID>
リージョン JP1/JP2
(不具合の場合)事象が発生した日時 未記入
(不具合の場合)これまでの動作実績はありますか? 未記入
(不具合の場合)現在も発生中ですか? 未記入
詳細 VAAIプラグインの提供をお願い致します.
緊急度
影響度 通常のリクエスト
添付ファイル 無し


ESXiへのプラグインインストール

ESXiサーバーのVAAIが有効であるか確認

VAAIが有効であれば、以下の2つの値が1になっています。
# esxcfg-advcfg -g /DataMover/HardwareAcceleratedMove
  Value of HardwareAcceleratedMove is 1
# esxcfg-advcfg -g /DataMover/HardwareAcceleratedInit
  Value of HardwareAcceleratedInit is 1

VAAIが無効であった場合は以下コマンドにて有効化します。
# esxcfg-advcfg -s 1 /DataMover/HardwareAcceleratedInit
 Value of HardwareAcceleratedInit is 1
# esxcfg-advcfg -s 1 /DataMover/HardwareAcceleratedMove
 Value of HardwareAcceleratedMove is 1

VAAI用プラグインのインストール

1. 入手したVAAIプラグインをESXiホストにコピー

SSH接続によるSCP転送、もしくはvSphereWebClientにて転送を実施してください。

2. インストールするVAAIプラグインの情報を確認

# esxcli software sources vib list -d <上記手順1で保存したファイルパス>
Name             Version  Vendor  Creation Date  Acceptance Level  Status
---------------  -------  ------  -------------  ----------------  ------
NetAppNasPlugin  1.1.2-3  NetApp  2016-11-03     VMwareAccepted    New

3. VAAIプラグインのインストール

# esxcli software vib install -n NetAppNasPlugin -d <上記手順1で保存したファイルパス>
Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: NetApp_bootbank_NetAppNasPlugin_1.1.2-3
VIBs Removed:
VIBs Skipped:

4. ESXiホストの再起動

# reboot

5. インストール後の確認

VAAIプラグインが正常にインストールされていることを確認します。
# esxcli software vib list | grep NetApp
NetAppNasPlugin                1.1.2-3                                NetApp   VMwareAccepted    2017-03-16

クラスター単位でのファイルストレージマウント方法

  • vSphere Web Clientよりクラスター名を右クリックし「Storage」> 「New Datastore...」をクリックします。

../_images/408.png

  • [Location]画面が表示されるので、そのまま[Next]をクリックします。
../_images/409.png

  • [Type]では「NFS」選択し「Next」をクリックします。
../_images/410.png

  • [NFS Version]では、今回は「NFS 4.1」を選択し「Next」をクリックします。
../_images/411.png

  • [Name and configuration]に必要事項を入力し、[Next]をクリックします。
../_images/412.png
  • 本項では以下の設定でNFSを設定しています。
[Create Server]画面 [Details]設定例
項目 設定値
Datastore Name NFS
Folder /v+(作成したボリュームIDからハイフンを除いた文字列)
Server(s) 192.168.201.10(作成したボリュームに割り振られたIPアドレス)
Access Mode 既定値のまま

  • 「Configure Kerberos authentication」今回は認証サーバーがないのでチェック無しで「Next」をクリックします。
../_images/414.png

  • [Host Accessibility]に接続するホストサーバーを選択します。
../_images/415.png

  • [Ready to complete]内で設定内容を確認し「Finish」をクリックします。
../_images/516.png