3. SAP HANAサーバー スケールアップガイド

3.1. 概要

図に使用される表記の凡例

../../_images/common_legend3.png

3.1.1. はじめに

3.1.1.1. 本文書の目的、位置づけ

  • この文書は、Enterprise Cloud2.0(以下、「ECL2.0」と記載します)上で、弊社が提供するSAP HANAメニューをご利用するお客さまを対象としております。
  • SAP HANA database lifecycle manager(以下、「HDBLCM」と記載します)を用いて、現在ご利用中のSAP HANAメニューのベアメタルサーバー GP2(256GB/24coreモデル)からGP3(512GB/36coreモデル)にスケールアップする手順例を紹介します。

3.1.1.2. 事前にご準備いただくもの

  • ベアメタルサーバーにリモートコンソールアクセス可能な環境
  • 現在ご利用中のSAP HANAメニューのベアメタルサーバー(GP2)
  • スケールアップ用のSAP HANAメニューのベアメタルサーバー(GP3)
  • HANA Studioサーバーにコンソール、もしくはRDPアクセス可能な環境

3.1.1.3. 参照するサービス説明書

主に以下のサービス説明書を参照頂き、本手順書をご確認ください。

3.1.1.4. 本書のご利用にあたって

本書を参照いただくにあたって、以下の点にご留意ください。

  • 本書では、本書にて紹介する構成および手順を、弊社で実施した一例として紹介します。お客さまの環境ならびに構成において動作することをお約束するものではありません。
  • 本書では、ロジカルネットワークの作成やファイアウォールの作成、仮想サーバーの作成など一般的な操作について記載しておりません。一般的な操作は、Enterprise Cloud 2.0 サービス説明書およびチュートリアル等をご参照ください。
  • 本書では、HDBLCMの操作について、スケールアウトに必要な範囲のみを記載しております。HDBLCMの詳細な操作方法は、SAP社提供のドキュメント等をご参照ください。
  • 本書では、HANA Studioの操作について、パラメータ変更に必要な範囲のみを記載しております。HANA Studioの詳細な操作方法は、SAP社提供のドキュメント等をご参照ください。
  • 本書の記載は、予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

3.2. スケールアップ手順

3.2.1. スケールアップ構成概念図

HDBLCMの機能を用いて、現在ご利用中のSAP HANAサーバー(GP2)を、新規にお申し込みいただいたSAP HANA サーバー(GP3)にスケールアップします。
スケールアップ構成の概念図は下記のとおりです。
../../_images/scaleup-01.png
SAP HANAサーバー(GP2)のデータ(/hana/data/、ならびに/hana/log/)のバックアップはNFSサーバー(※)に取得しているものとします。
(※)bkupsv:/backup を SAP HANAサーバーの/hana/shared/PRD/HDB00/backupにマウント

本手順では、SAP HANAサーバー(GP2)のホスト名、IPアドレス、SID、インスタンス番号、バックアップデータが、SAP HANAサーバー(GP3)へ継承されます。

警告

SAP HANAサーバー(GP3)用のファイルストレージプレミアム上の/hana/data/、/hana/log/、/hana/shared/領域のデータは全て削除されます。

各設定パラメータは次のとおりです。
サーバー ホスト名 IPアドレス(データプレーン用) IPアドレス(ストレージプレーン用) SID インスタンス番号
既存SAP HANAサーバー(GP2) hostprd 192.168.101.11 10.101.101.11 PRD 00
新規SAP HANAサーバー(GP3) hostgp3 192.168.101.12 10.101.101.12 GP3 00
既存NFSサーバー(仮想サーバー) bkupsv 192.168.101.10 - - -
OS、HANAのバージョンは次のとおりです。
製品   バージョン
OS Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA 6.7
SAP HANA SAP HANA Platform Edition 1.0 SPS12(1.00.120.00.1462275491)

3.2.2. スケールアップ手順概要

スケールアップ手順の概要を記載します。

1. SAP HANAセット(GP3)の追加申し込み
SAP HANAセット(GP3)の追加申込みを行います。
GP3上のHANAは後工程でアンインストールするため、追加申込み時のHANAに関するパラメータは仮のもので問題ありません。
なお、IPアドレスとホスト名は、SAP HANAサーバー(GP2)とは異なるものを指定して下さい。
SAP HANA(GP3)ご利用開始時点の構成イメージは以下のとおりです。
../../_images/scaleup-1.png

2. SAP HANAサーバー(GP3)にて、SAP HANAをアンインストール(hdblcm uninstall)
../../_images/scaleup-2.png

3. SAP HANAサーバー(GP2)にて、SAP HANAの登録解除(hdblcm unregister_system)
4. SAP HANAサーバー(GP2)の、/hana/shared、/hana/data、/hana/log領域を、SAP HANAサーバー(GP3)用ファイルストレージプレミアムにコピー後、GP2をシャットダウン
../../_images/scaleup-3.png

5. SAP HANAサーバー(GP3)にて、ホスト名とIPアドレスを、SAP HANAサーバー(GP2)のホスト名とIPアドレスに変更して再起動
6. SAP HANAサーバー(GP3)にて、SAP HANAの登録(hdblcm register_rename_system)
../../_images/scaleup-4.png

7. SAP HANAセット(GP2)の削除申込み
SAP HANAセット(GP2)の削除申込みを実施します。
SAP HANAセット(GP2)の削除申込みにより、ベアメタルサーバー(GP2)、ならびにSAP HANAサーバー(GP2)用のファイルストレージプレミアムのボリュームが削除されます。

以上で、スケールアップ作業は完了です。
スケールアップ完了後の構成イメージは以下のとおりです。
../../_images/scaleup-5.png

3.2.3. スケールアップの手順詳細

スケールアップ手順の詳細を記載します。
SAP HANA(GP3)の利用が開始されている前提です。

3.2.3.1. SAP HANAシステムのアンインストール(hdblcm uninstall)

SAP HANAのアンインストール(GP3)

SAP HANAサーバー(GP3)にインストール済みのSAP HANAをアンインストールします。
(SAP HANAが起動中の場合は停止してから以下のコマンドを実行します)

hdblcmコマンドを実行します。
Action は “11:uninstall” を選択します。
components は “1:all” を選択します。
よろしければ、”y” を入力してEnterキーを押下します。
“Uninstallation of the SAP HANA System finished” が出力されることを確認します。
# cd /hana/shared/GP3/hdblcm
# ./hdblcm

SAP HANA Lifecycle Management - SAP HANA 1.00.120.00.1462275491
***************************************************************
Choose an action to perform
    Index | Action to be performed    | Description
    ----------------------------------------------------------------------------
.....
    11    | uninstall                 | Uninstall SAP HANA Components
.....
    16    | exit                      | Exit (do nothing)

Enter selected action index [16]: 11

Choose components of uninstalled for system 'GP3':

    Index | Components | Description
    -----------------------------------------------------------------------------------------------
    1     | all        | SAP HANA Database version 1.00.120.00.1462275491 and all other components
    2     | client     | Uninstall SAP HANA Database Client version 1.00.120.024.1461933179

Enter comma-separated list of the selected indices [1]:1

Summary before execution:
.....
Note: All data volumes and all log volumes of SAP HANA Database 'GP3' will be removed!

Do you want to continue? (y/n): y

Uninstalling the SAP HANA System...
Unregistering SAP HANA Components on Local Host...
    Uninstalling SAP HANA Database Client...
.....
    Uninstalling SAP HANA Database...
.....
Uninstallation of the SAP HANA System finished
Log file written to '/var/tmp/hdb_GP3_hdblcm_uninstall_YYYY_MM_DD_hh.mm.ss/hdblcm.log' on host 'hostgp3'

SAP HANA関連ディレクトリの削除とアンマウント(GP3)

/hana/data/、/hana/log/、/hana/shared/配下のディレクトリを削除します。
# rm -rf /hana/data/*
# rm -rf /hana/log/*
# rm -rf /hana/shared/*
/hana/data/、/hana/log/、/hana/shared/をアンマウントします。
# umount /hana/data/
# umount /hana/log/
# umount /hana/shared/

3.2.3.2. SAP HANAシステムの登録解除(hdblcm unregister_system)

SAP HANAの停止(GP2)

SAP HANAサーバー(GP2)で、SAP HANAを停止します。
# su - prdadm
% HDB stop
% exit
# /etc/init.d/sapinit stop

SAP HANAシステムの登録解除(GP2)

SAP HANAサーバー(GP2)で、SAP HANAの登録解除を行います。

hdblcmコマンドを実行します。
“12:unregisger_system” を選択します。
<sid>admユーザのパスワードを入力します。
<sid>admユーザのOSアカウントを残すか削除するかを選択します。(本手順では”y”を選択し、残しています)
# cd /hana/shared/PRD/hdblcm
# ./hdblcm
SAP HANA Lifecycle Management - SAP HANA 1.00.120.00.1462275491
***************************************************************
Choose an action to perform
  Index | Action to be performed    | Description
  ----------------------------------------------------------------------------
  .....
  12    | unregister_system         | Unregister the SAP HANA System
  .....
  16    | exit                      | Exit (do nothing)

  Enter selected action index [16]: 12

  Enter System Administrator Password (prdadm): ********
  Keep prdadm System Administrator User [n]: y
よろしければ、 “y” を入力してEnterキーを押下します。
Summary before execution:
=========================
Unregister the SAP HANA System
    Unregister System Parameters
    Keep prdadm System Administrator User: Yes
    Keep Home Directory of prdadm System Administrator: Yes
Note: Data, log and installation directories will not be deleted, because they are reguired to register the system again later.

Do you want to continue? (y/n): y
“SAP HANA system unregistered.”が出力されることを確認します。
Unregistering the SAP HANA system...
  Start reading from input channel...
  Removing sapservices entry...
  Cleaning up directory '/usr/sap/PRD'...
  Deleting directory '/var/lib/hdb/PRD'...
  SAP HANA system unregistered.
You can send feedback to SAP with this from: https://hostprd:1129/lmsl/HDBLCM/PRD/feedback/feedback.html
Log file written to '/var/tmp/hdb_PRD_hdblcm_unregister_system_YYYY_MM_DD_hh.mm.ss/hdblcm.log on host 'hostprd'
エラーなく処理が完了したことを確認します。
# grep -v INFO /var/tmp/hdb_PRD_hdblcm_unregister_system_YYYY_MM_DD_hh.mm.ss/hdblcm.log
SAP HANA Lifecycle Management - SAP HANA 1.00.120.00.1462275491
***************************************************************

#

3.2.3.3. /hana領域のコピー(GP2→GP3)

ファイルストレージのマウント(GP2)

SAP HANAサーバー(GP2)で、マウント用のディレクトリを作成します。
# mkdir /mnt/data
# mkdir /mnt/log
# mkdir /mnt/shared
SAP HANAサーバー(GP3)用のファイルストレージをSAP HANAサーバー(GP2)にマウントします。
ファイルストレージのマウント情報は、GP3の/etc/fstab をもとに入力します。
# mount –t nfs <ExternalStorage-IP>:/<(/hana/data用)External-Storage-vol-ID>/nfs /mnt/data
# mount –t nfs <ExternalStorage-IP>:/<(/hana/log用)External-Storage-vol-ID>/nfs /mnt/log
# mount –t nfs <ExternalStorage-IP>:/<(/hana/shared用)External-Storage-vol-ID>/nfs /mnt/shared

バックアップ領域のアンマウント(GP2)

NFSサーバー上のSAP HANAサーバー(GP2)のバックアップデータが、GP3用ファイルストレージプレミアムにコピーされないように、SAP HANAサーバー(GP2)で、 バックアップ領域をアンマウントします。
# umount /hana/shared/PRD/HDB00/backup

/hana/data、/hana/log、/hana/sharedのコピー(GP2)

SAP HANAサーバー(GP2)、CPコマンドを用いてコピーします。
# cp -Rp /hana/data/* /mnt/data
# cp -Rp /hana/log/* /mnt/log
# cp -Rp /hana/shared/* /mnt/shared

ファイルストレージのアンマウント(GP2)

SAP HANAサーバー(GP2)で、GP3用のファイルストレージをアンマウントします。
# umount /mnt/data
# umount /mnt/log
# umoutn /mnt/shared
マウント用のディレクトリを削除します。
# rmdir /mnt/data
# rmdir /mnt/log
# rmdir /mnt/shared

GP2のシャットダウン

SAP HANAサーバー(GP2)をシャットダウンします。
# shutdown -h now

3.2.3.4. ホスト名、IPアドレスの変更

ホスト名とIPアドレスの変更(GP3)

SAP HANAサーバー(GP3)で、/etc/hostsを修正します。
# vi /etc/hosts
============
【変更前】
192.168.101.12 hostgp3  (GP3のホスト名 IPアドレス)
【変更後】
192.168.101.11 hostprd  (GP2のホスト名 IPアドレス)
============

SAP HANAサーバー(GP3)で、/etc/sysconfig/networkを修正します。
# vi /etc/sysconfig/network
============
【変更前】
HOSTNAME=hostgp3 (GP3のホスト名)

【変更後】
HOSTNAME=hostprd (GP2のホスト名)
============

データプレーン用のIPアドレスを修正します。
SAP HANAサーバー(GP3)で、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0.<VLAN-ID>を修正します。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0.<VLAN-ID>
============
【変更前】
IPADDR=192.168.101.12 (GP3のデータプレーン用のIPアドレス)
【変更後】
IPADDR=192.168.101.11 (GP2のデータプレーン用のIPアドレス)
============

同様に、ストレージプレーン用のIPアドレスも修正します。
SAP HANAサーバー(GP3)で、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond1.<VLAN-ID>を修正します。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond1.<VLAN-ID>
============
【変更前】
IPADDR=10.101.101.12 (GP3のストレージプレーン用のIPアドレス)
【変更後】
IPADDR=10.101.101.11 (GP2のストレージプレーン用のIPアドレス)
============

バックアップ領域のマウント(GP3)

SAP HANAサーバー(GP3)で、/etc/fstab にNFSサーバーへのマウント設定を追記します。
# vi /etc/fstab
============
192.168.101.10:/backup /hana/shared/PRD/HDB00/backup nfs defaults 0 0
============

SAP HANAサーバー(GP3)を再起動します。
# shutdown -r now
再起動後、ホスト名とIPアドレスがGP2のホスト名とIPアドレスに変更されたことを確認します。
バックアップ領域がマウントされたことを確認します。
# hostname
hostprd

# ifconfig -a | grep 'inet addr'
inet addr:192.168.101.11  Bcast:192.168.101.255  Mask:255.255.255.0
inet addr:10.101.101.11  Bcast:10.101.101.255  Mask:255.255.255.0
.....

# df
.....
192.168.101.10:/backup  .......  .......  .......   ..%  /hana/shared/PRD/HDB00/backup

3.2.3.5. SAP HANAシステムの登録(hdblcm register_rename_system)

SAP HANAシステムの登録(GP3)

SAP HANAサーバー(GP3)で、SAP HANAを登録します。

hdblcmコマンドを実行します。
“2:regisger_rename_system” を選択します。
# cd /hana/shared/PRD/hdblcm
# ./hdblcm
SAP HANA Lifecycle Management - SAP HANA 1.00.120.00.1462275491
***************************************************************
Choose an action to perform
Index | Action to be performed    | Description
------------------------------------------------------------------------------------------
1     | add_hosts                 | Add Additonal Hosts to the SAP HANA System HANA System
2     | register_rename_system    | Register and Rename SAP HANA System
3     | exit                      | Exit (do nothing)
Enter selected action index [3]: 2
Local Host Name: hostprd
System Properties:PRD
/hana/shared/PRD HDB_ALONE
        HDB00
        version:1.00.120.00.1462275491
        host: hostprd (Database Worker (worker))
ターゲットホスト名を入力します。
スケールアップ元と先のホスト名は同一ですので、ホスト名はデフォルト(“hostprd”)のままでEnterキーを押下します。
LandScapeを選択します。
スケールアップ元と同じLandScapeを選択します。(本手順ではproductionとしています)
Enter Target Host Name for Source Hosts 'hostprd' [hostprd]:
    Index | System Usage | Description
    --------------------------------------------------------------------------------
    1     | production   | System is used in a production environment
    2     | test         | System is used for testing, not production
    3     | development  | System is used for development, not production
    4     | custom       | System usage is neither production, test nor development

Select System Usage / Enter Index [1]:1
ネットワークの種類を選択します。(本手順ではシングルホストのため、3(“local”)を選択しています)
Index | Listen Interface | Description
-----------------------------------------------------------------------------------------------
1     | global           | The HANA services will listen on all network interfaces
2     | internal         | The HANA services will only listen on a specific network interface
3     | local            | The HANA services will only listen on loopback interface (127.0.0.1)
The recommended valu for single-host system is 'local'
Select Listen Interface / Enter Indes [3]:3
SAPホストエージェントの自己署名型SSL証明書の生成に使用されるホスト名を指定します。
デフォルトでは、SAP HANAサーバー(GP3)の旧ホスト名が設定されているので、新ホスト名に変更します。
以降のパラメータは、SAP HANAサーバー(GP2)の設定値を継承させるため、全てデフォルトを選択します。

システムIDを入力します。
インスタンス番号を入力します。
Dataファイルのパスを入力します。
Logファイルのパスを入力します。
<sid>admユーザのパスワードを入力します。(2回)
<sid>admユーザのホームディレクトリを入力します。
<sid>admユーザのログインシェルを入力します。
<sid>admユーザのユーザIDを入力します。
データベース管理者(SYSTEM)のパスワードを変更するか選択します。
SAP HANA 登録完了後にシステムを再起動するか選択します。
Enter Certificate Host Name For Host 'hostprd' [hostgp3]:hostprd
Enter Target System ID [PRD]:
Enter Target Instance Number [00]:
Enter Location of Data Volumes [/hana/data/PRD]:
Enter Location of Log Volumes [/hana/log/PRD]:
Enter Location of Data Backups [/hana/shared/PRD/HDB00/backup/data]:
Enter Location of Log Backups [/hana/shared/PRD/HDB00/backup/log]:
Enter Target System Administrator (prdadm) Password: ********
Confirm Target System Administrator (prdadm) Password: ********
Enter System Administrator (prdadm) Home Directory [/usr/sap/PRD/home]:
Enter System Administrator (prdadm) Login Shell [/bin/sh]:
Enter System Administrator (prdadm) User ID [1000]:
Change the password of the Database user [n]:
Restart system after machine reboot? [n]:
入力した内容を確認し、問題なければ、”y”を入力してEnterキーを押下します。
“SAP HANA system renamed.”が出力されることを確認します。
Summary before execution:
=========================
SAP HANA System Rename
    Rename Parameters
        Installation Path: /hana/shared
        Source System ID: PRD
        Target System ID: PRD
.....
Note: SAP HANA System will be restarted

Do you want to continue? (y/n): y

Executing SAP HANA System rename
    Renaming system...
......
SAP HANA system renamed.
You can send feedback to SAP with this from: https://hostprd:1129/lmsl/HDBLCM/PRD/feedback/feedback.html
Log file written to '/var/tmp/hdb_PRD_hdblcm_register_rename_system_YYYY_MM_DD_hh.mm.ss/hdblcm.log' on host 'hostprd'
エラーなく処理が完了したことを確認します。
# grep -v INFO /var/tmp/hdb_PRD_hdblcm_register_rename_system_YYYY_MM_DD_hh.mm.ss/hdblcm.log

SAP HANA Lifecycle Management - SAP HANA 1.00.120.00.1462275491
***************************************************************
#
SAP HANAおよびホストエージェントが起動していることを確認します。
# su - prdadm
% HDB proc
.......
% exit
# /etc/init.d/sapinit status
......

HANA割当メモリサイズの調整(GP3)

SAP HANA セット(GP2)の申込み時に、 「SAP HANA基本情報」 の 「HANA割当メモリサイズ」(単位はGB)を指定した場合は、HANA Studioを使用して、global.iniのglobal_allocation_limit の値(単位はMB)を変更します。
(以下の例では、204800MB(200GB)から460800MB(450GB)に変更しています)

HANA Studioより、SAP HANAインスタンスに接続し、global.iniを編集します。
../../_images/hanastd-1.png

global_allocation_limitを変更します。
../../_images/hanastd-2.png

204800 から 460800 に変更します。(単位はMB)
「Sava」をクリックします。
../../_images/hanastd-3.png

変更が反映されたことを確認します。(Configuration、Overview)
../../_images/hanastd-4.png
../../_images/hanastd-5.png

3.2.3.6. SAP HANAセット(GP2)の削除申込み

SAP HANAセット(GP2)の削除申込みを行います。 SAP HANAセット(GP2)の削除申込みにより、ベアメタルサーバー(GP2)、ならびにSAP HANAサーバー(GP2)用のファイルストレージプレミアムのボリュームが削除されます。

3.3. 参考ドキュメント