2.6. RAC自動構築ツール実行

RAC自動構築ツールを利用し、お客様が指定されたパラメータを元にRACを自動構築します。

2.6.1. 全タスク実行

以下のコマンドを実行し、RAC自動構築ツールを実行します。引数には、/tmp以下のパラメータファイルを保存したディレクトリ名を指定します。
※racvars.jsonの「OSSetFlag」を1(OS設定まで利用)に設定している場合は、OS設定のみ実施し、ツールは終了します。
$ sh /home/ansible/orarac_auto/auto_pgm/orarac.sh rac_pfs

[SUCCEEDED!]  192.168.1.31 Server Hostname was set to rac1.cloud.lab.oratest.com.
[SUCCEEDED!]  192.168.1.32 Server Hostname was set to rac2.cloud.lab.oratest.com.

#############################################################
No.0: SUCCEEDED!  Inventory and Add Variables Files creating succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.1: SUCCEEDED!  OS setting succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.2: SUCCEEDED!  Grid Infrastructure installing and setting succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.3: SUCCEEDED!  ASM DiskGroups creating succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.4: SUCCEEDED!  Changing of ASM Variables succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.5: SUCCEEDED!  Oracle Database installing succeeded!
#############################################################

#############################################################
No.6: SUCCEEDED!  Variables Settings and Log Files getting succeeded!
#############################################################

上記のように全てのタスクの実行結果で「SUCCEEDED!」と表示されていれば成功です。

2.6.2. タスク指定実行

RAC自動構築ツールでは、実行Noを指定することでタスク単位での実行が可能です。実行Noを指定しない場合には、全てのタスク(実行No.0~6)が実行されます。

実行No 作業内容 説明
0 関連ファイル作成 ツール実行に必要なファイルを自動生成します。
1 OS設定 OSの設定を行います。
2 Grid Infrastructureインストール Grid Infrastructureのインストールと設定を行います。
3 ASMディスクグループ作成 FRA用のディスクグループを作成します。
4 ASM設定 ASMの設定をします。
5 Databaseインストール Oracle Databaseソフトウェアをインストールします。
6 設定確認 RAC用仮想サーバーに設定された値がパラメータファイルに記載された値と一致するか自動で確認します。

タスクの開始位置をツールの引数に指定し、実行することで、引数に指定した実行Noのタスクから最後の設定確認のタスクまで実行可能です。

$ sh /home/ansible/orarac_auto/auto_pgm/orarac.sh sh rac_pfs [実行No]

また、タスク単独指定オプションをツールの引数に指定し、実行することで、引数に指定した実行Noのみを実行することが可能です。

$ sh /home/ansible/orarac_auto/auto_pgm/orarac.sh rac_pfs [実行No] -o

2.6.3. ツール実行前への切り戻し

RAC自動構築ツールが途中で失敗した場合、ツール実行前の環境に戻す(環境を削除する)ことが可能です。
RAC自動構築ツールで構築した、または、構築中の環境を削除するコマンドは、以下の通りです。引数には、/tmp以下のパラメータファイルを保存したディレクトリ名を指定します。
$ /home/ansible/orarac_auto/auto_pgm/remove_rac.sh rac_pfs
※上記の削除コマンドを実行するとRAC用仮想サーバーが再起動されます。また、ブロックストレージのデータを消去する処理が実行されるため、サイズが大きいほど削除処理の終了までに時間がかかります。

以上でRAC自動構築ツールの実行は、完了です。