2.3. RAC用仮想サーバーでの構築支援ツール実行準備

RAC用仮想サーバーで構築支援ツール実行の準備を行います。
以下のコマンドを実行し、ansibleユーザーを作成します。
# useradd -m ansible
# echo '[ansibleユーザーに設定するパスワード]' | passwd --stdin ansible

# visudo
...省略...
## Same thing without a password
ansible   ALL=(ALL)   NOPASSWD: ALL # 追加
次に、Ansible用仮想サーバーが、RAC用仮想サーバーへSSH接続する際に利用する公開鍵を配置します。
以下のコマンドをRAC用仮想サーバーのansibleユーザーで実行し、鍵を配置します。
$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 700 ~/.ssh
$ cat << '_EOF_' >> ~/.ssh/authorized_keys
ssh-rsa     AAAA.....
_EOF_
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

以上でRAC用仮想サーバーでの構築支援ツール実行準備は、完了です。