1.8. Grid Infrastructure のインストールと ASM DiskGroupの作成

Grid InfrastructureのインストールとASM DiskGroupの作成を行います。
作業は、rootユーザーまたはgridユーザーで行います。

1.8.1. Grid Infrastructure のインストール

1.8.1.1. インストーラの展開(作業サーバ:RAC1)

Grid Infrastructureのインストーラを展開(コピー)します。

# su - grid
$ cd /software
$ cp -pr grid /u01/stage/12.1.0.2

展開されたかの確認を行います。

$ ls /u01/stage/12.1.0.2/grid
合計 32
drwxr-xr-x.  4 grid oinstall 4096  4月 14  2016 install
drwxrwxr-x.  2 grid oinstall   29  7月  7  2014 response
drwxr-xr-x.  2 grid oinstall   33  7月  7  2014 rpm
-rwxr-xr-x.  1 grid oinstall 8534  7月  7  2014 runInstaller
-rwxr-xr-x.  1 grid oinstall 5085 12月 20  2013 runcluvfy.sh
drwxrwxr-x.  2 grid oinstall   28  7月  7  2014 sshsetup
drwxr-xr-x. 14 grid oinstall 4096  7月  7  2014 stage
-rwxr-xr-x.  1 grid oinstall  500  2月  7  2013 welcome.html

上記のようにファイルが存在していれば展開されています。

1.8.1.2. cvuqdiskのインストール(作業サーバ:RAC1,RAC2)

RAC1でcvuqdiskのインストールを実行します。

# rpm -ivh /u01/stage/12.1.0.2/grid/rpm/cvuqdisk-1.0.9-1.rpm

SCP等でRAC1のcvuqdiskのRPMをRAC2に転送します。

# scp /u01/stage/12.1.0.2/grid/rpm/cvuqdisk-1.0.9-1.rpm rac2:/tmp

RAC2で同様にcvuqdiskをインストールします。

# rpm -ivh /tmp/cvuqdisk-1.0.9-1.rpm

1.8.1.3. ORACLE_BASEディレクトリ作成(作業サーバ:RAC1,RAC2)

Grid Infrastructureをインストールするディレクトリを作成します。※ディレクトリ名はお客様のポリシーに合わせてご変更下さい。

# su - grid
$ mkdir -p /u01/app/grid

1.8.1.4. コンソールへログイン(作業サーバ:RAC1)

クラウドコンピューティングにログインし、「サーバー」→「仮想サーバー」→「インスタンス」画面に遷移します。RAC1インスタンスのアクションリストから「コンソール」を選択します。
コンソールからgridユーザでログインします。

1.8.1.5. デスクトップ環境の起動(作業サーバ:RAC1)

gridユーザでデスクトップ環境にログインします。
デスクトップ環境が、起動していない場合は起動します。
$ startx

1.8.1.6. インストーラの起動(作業サーバ:RAC1)

ターミナルを開きます。インストーラを起動します。

$ LANG=C /u01/stage/12.1.0.2/grid/runInstaller

1.8.1.7. Grid Infrastructureのインストール(作業サーバ:RAC1)

このインストール方法は1例です。お客様の環境、及び設計に合わせてインストールを行って下さい。

1.「Install and Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster」を選択します。
2.「Configure a Standard cluster」を選択します。
3.「Advanced Installation」を選択します。
4.「Selected Languages」に「English」と「Japanese」を選択します。
5.「Cluster Name」に「rac-cluster」、「SCAN Name」に「rac1-scan」、「SCAN Port」に「1521」を設定します。「Configure GNS」のチェックは外します。
6.「Add」ボタンを押下し、「Public Hostname」に「rac2.cloud.lab.oratest.com」、「Virtual Hostname」に「rac2-vip.cloud.lab.oratest.com」を入力します。「SSH connectivity」を押下し、「OS Password」にgridユーザのパスワードを入力し、「Setup」ボタンを押下します。
../../../_images/image024.png

以下のメッセージが出力されれば、SSH接続が確立されています。

../../../_images/image025.png
7.「Use for」を以下のように設定します。
Interface Subnet Use for 説明
eth0 192.168.1.0 Public PublicNW
eth1 192.168.2.0 Do Not Use StorageNW
eth2 192.168.3.0 Private InterConnect1
eth3 192.168.4.0 Private InterConnect2
8.「Use Standard ASM for storage」をチェックします。
9.Diskのリストが出力されていない場合は、「Change Disk Discovery Path」ボタンを押下し、以下のように設定します。
../../../_images/image027.png
  • Disk group name: DATA

  • Redundancy: Normal

  • Allocation Unit Size: 4MB

  • Add Disks
    • [*]Candidate Disks
    • [*]”/dev/mapper/mpath-data-“で始まる全てのディスク

本書の構成では上記の設定となります。

10. 「Use same passwords for these accounts」をチェックします。「Specify Password」と「Confirm Password」に同じパスワードを入力します。
11. 「Do not use Intelligent Platform Management Interface(IPMI)」をチェックします。
12. 「Register with Enterprise Manager(EM) Cloud Controle」にはチェックを入れずに進みます。
13. グループはデフォルトのまま進みます。
14. 「Oracle base」は「/u01/app/grid」、「Software location」は「/u01/app/12.1.0.2/grid」を設定します。
15.「Inventory Directory」は「/u01/app/oraInventory」のデフォルトで進みます。
16. 「Automatically run configuration scripts」はチェックせずに進みます。
17. 「Verification Result」画面でtmpfsのサイズで以下のようなワーニングが出力されます。
../../../_images/image029.png

「more details」を選択すると以下のメッセージが出力されます。

../../../_images/image030.png

Tempfsは16Gなので、このワーニングは無視して構いません。

../../../_images/image031.png

「Ignore All」をチェックし進みます。

../../../_images/image032.png

「Yes」を押下します。

18. 設定内容を確認し、「Install」を押下します。
19. 以下の画面が出力されたらrootユーザで以下のように指示されたコマンドを実行します。 ※以下のコマンドが終了するまで「OK」ボタンは押下しないで下さい!
RAC1:    # /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
RAC2:    # /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
RAC1:    # /u01/app/12.1.0.2/grid/root.sh
RAC2:    # /u01/app/12.1.0.2/grid/root.sh

各サーバの実行結果で以下のように成功のメッセージが出力されましたら、コンソール上の画面で「OK」ボタンを押下します。

2016/04/19 08:42:27 CLSRSC-325: Configure Oracle Grid Infrastructure
for a Cluster ... succeeded
20. インストール完了後、「Close」ボタンを押下し終了します。

1.8.1.8. Grid Infrastructure稼働状態の確認(作業サーバ:RAC1,RAC2)

以下のコマンドでGrid Infrastructureが正しく動作しているか確認します。 以下のように、TargetおよびStateが全てONLINEになっていれば正常です。

$ /u01/app/12.1.0.2/grid/bin/crsctl stat res -t
--------------------------------------------------------------------------------
Name           Target  State        Server                   State details
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.DATA.dg
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       rac1               Started,STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               Started,STABLE
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.LISTENER_SCAN2.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.LISTENER_SCAN3.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.MGMTLSNR
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               169.254.42.140 192.1
                                                             68.3.31 192.168.4.31
                                                             ,STABLE
ora.cvu
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.mgmtdb
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               Open,STABLE
ora.oc4j
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.scan2.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.scan3.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.rac1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.rac2.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
--------------------------------------------------------------------------------

1.8.1.9. Gridユーザ環境の設定(作業サーバ:RAC1,RAC2)

Gridユーザの環境を設定します。※設定内容は1例ですのでお客様の環境に合わせてご設定下さい。
$ vi ~/.bash_profile
umask 022
export ORACLE_BASE=/u01/app/grid
export ORACLE_HOME=/u01/app/12.1.0.2/grid
export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH
export ORACLE_SID=+ASMx (xはクラスタ番号)

上記を追記して保存します。読み込みます。

$ source ~/.bash_profile

1.8.2. ASM DiskGroupの作成

1.8.2.1. コンソールへのログイン(作業サーバ:RAC1)

gridユーザでデスクトップ環境にログインします。

1.8.2.2. 「FRA」DiskGroupの作成(作業サーバ:RAC1)

gridユーザでASMCAを起動します。

$ export=C /u01/app/12.1.0.2/grid/bin/asmca
../../../_images/image033.png

「Create」ボタンを押下します。

../../../_images/image034.png

本書の設計通りに指定し、「OK」を押下します。「FRA」DiskGroupが作成されたら「Exit」でASMCAを抜けます。

1.8.2.3. 「FRA」DiskGroupの確認(作業サーバ:RAC1,RAC2)

以下のコマンドで「FRA」DiskGroupが正しく作成されたか確認します。 以下のように「FRA」DiskGroupが正しく作成されると「ora.FRA.dg」の項目が追加されます。 「ora.FRA.dg」項目で、rac1、rac2のTargetおよびStateが全てONLINEになっていれば正常です。

$ /u01/app/12.1.0.2/grid/bin/crsctl stat res -t
--------------------------------------------------------------------------------
Name           Target  State        Server                   State details
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.DATA.dg
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.FRA.dg
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       rac1               Started,STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               Started,STABLE
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
               ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.LISTENER_SCAN2.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.LISTENER_SCAN3.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.MGMTLSNR
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               169.254.42.140 192.1
                                                             68.3.31 192.168.4.31
                                                             ,STABLE
ora.cvu
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.mgmtdb
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               Open,STABLE
ora.oc4j
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.scan2.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.scan3.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.rac1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac1               STABLE
ora.rac2.vip
      1        ONLINE  ONLINE       rac2               STABLE
--------------------------------------------------------------------------------