1.5. ブロックストレージの作成

ブロックストレージを作成します。
以下の手順は、RAC_DATA_Vol1のものです。同様に、システム構成に記載の全てのブロックストレージボリュームを作成する必要があります。

メニューリストの中から[ブロックストレージ] > [IO性能確保]と移動し、[仮想ストレージの作成]ボタンをクリックします。

../../../_images/image007.png

[仮想ストレージの作成]画面に遷移後、以下の値を入力し、[仮想ストレージの作成]ボタンをクリックします。

  • 名前: BlockStorage
  • ボリューム種別: piops_iscsi_na
  • ロジカルネットワーク: ol_rac_stgnw
  • サブネット: ol_rac_srgsub1
  • IPアドレスプール: 192.168.2.2,192.168.2.10
../../../_images/image008.png

作成したブロックストレージの[アクション]プルダウンリストから[新しいボリュームの追加]をクリックします。

../../../_images/image009.png

[新しいボリュームの追加]画面の[基本情報]タブに遷移後、以下の値を入力し、[詳細]タブをクリックします。

  • ボリューム名: RAC_DATA_Vol1

  • イニシエータIQN
    • iqn.1988-12.com.oracle:rac1
    • iqn.1988-12.com.oracle:rac2
../../../_images/image010.png

[詳細]タブに遷移後、以下の値を入力し、[新しいボリュームの追加]ボタンをクリックします。

  • サイズ(GB): 100
  • IOPS/GB: 2
  • ゾーン/グループ: いずれかのゾーン/グループ
../../../_images/image011.png

以上でブロックストレージボリュームの作成は、完了です。