1.9. Oracleソフトウェアのインストール

Oracleソフトウェアのインストールを行います。
作業は、rootユーザーまたはoracleユーザーで行います。

1.9.1. Oracleソフトウェアのインストール

1.9.1.1. インストーラの展開(作業サーバ:RAC1)

Oracle Databaseのインストーラを展開(コピー)します。

# su - oracle

$ cd /software
$ cp -pr database /u01/stage/12.1.0.2

展開されたかの確認を行います。

$ ls -l /u01/stage/12.1.0.2/database
合計 24
drwxr-xr-x.  4 oracle oinstall 4096  4月 14  2016 install
drwxrwxr-x.  2 oracle oinstall   58  7月  7  2014 response
drwxr-xr-x.  2 oracle oinstall   33  7月  7  2014 rpm
-rwxr-xr-x.  1 oracle oinstall 8533  7月  7  2014 runInstaller
drwxrwxr-x.  2 oracle oinstall   28  7月  7  2014 sshsetup
drwxr-xr-x. 14 oracle oinstall 4096  7月  7  2014 stage
-rwxr-xr-x.  1 oracle oinstall  500  2月  7  2013 welcome.html

上記のようにファイルが存在していれば展開されています。

1.9.1.2. ORACLE_BASEディレクトリ作成(作業サーバ:RAC1,RAC2)

Oracleをインストールするディレクトリを作成します。※ディレクトリ名はお客様のポリシーに合わせてご変更下さい。

# mkdir -p /u01/app/oracle
# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle

1.9.1.3. コンソールへログイン(作業サーバ:RAC1)

クラウドコンピューティングにログインし、「サーバー」→「仮想サーバー」→「インスタンス」画面に遷移します。RAC1インスタンスのアクションリストから「コンソール」を選択します。
コンソールからoracleユーザでログインします。

1.9.1.4. デスクトップ環境の起動(作業サーバ:RAC1)

oracleユーザでデスクトップ環境にログインします。
デスクトップ環境が、起動していない場合は起動します。
$ startx

1.9.1.5. インストーラの起動(作業サーバ:RAC1)

ターミナルを開きます。インストーラを起動します。

$ LANG=C /u01/stage/12.1.0.2/database/runInstaller

1.9.1.6. Oracleソフトウェアのインストール(作業サーバ:RAC1)

このインストール方法は1例です。お客様の環境、及び設計に合わせてインストールを行って下さい。

1.「I wish to receive security updates via My Oracle Support.」のチェックを外します。
2. 以下のメッセージが出力されます。「Yes」を押下します。
../../../_images/image035.png
3.「Install database software only」を選択します。
4.「Server class」を選択します。
5. 「Oracle Real Application Clusters databaseinstallation」を選択します。
6. 「SSH connectivity」を押下します。「OS Password」にoracleユーザのパスワードを入力し、「Setup」ボタンを押下します。
../../../_images/image036.png

上記のメッセージが出力されたらSSH接続が確立されましたので「OK」を押下し、進みます。

7. 「Selected languages」に「English」と「Japanese」を入れ、進みます。
8. 「Enterprise Edition」が選択されているのを確認し、進みます。
9. 「Oracle base」に「/u01/app/oracle」を、「Software location」に「/u01/app/oracle/product/12.1.0.2/dbhome_1」を入力し進みます。
10. グループはデフォルトのまま進みます。
11. Grid Infrastructureのインストール時と同じtemfsのワーニングが出力されますので、「Ignore all」をチェックし、「Next」を押下します。インストールを続けて良いですか?というメッセージが出るので、「Yes」を押下し進みます。
12. 設定内容を確認し、「Install」を押下します。
13. 以下が出力されたら、指示通りのコマンドを各サーバのrootユーザで実行します。コマンド実行が終わるまで「OK」は押さないで下さい。
../../../_images/image037.png

root.shはすぐに終わりますので、両ノードで実行後、「OK」を押下します。

14. インストールが終了したら「Close」を押下して終了します。