2.3.4. アップグレード編(UDP コンソール)


本書では、例としてWindows Server 2016のサーバーにインストールされたArcserveを最新バージョンへアップグレードする手順を記載します。

注釈

本書で提示する構成は一例であり、お客様環境に応じたアップグレード手順が必要です。

2.3.4.1. Arcserve UDP Agentのバージョンの確認

1.現在インストールされているバージョンを確認します。
 Arcserveがインストールされたサーバーにて、Arcserveの設定画面を表示するため、Arcserve UDP コンソールにログインします。

2.Arcserve UDP画面で「ヘルプ」-「バージョン情報」をクリックします。

3.現在インストールされているバージョンが表示されます。
「OK」をクリックして閉じます。

2.3.4.2. Arcserveのインストール

注釈

アップグレードするコンポーネントには順序があります。「サマリー編」を参照してください。


1.Arcserve UDP コンソールをインストールするコンピュータに、Administrator またはAdministratorsグループのユーザーでログオンします。Arcserve Web サイトからダウンロードしたフォルダを開き、「Arcserve_Unified_Data_Protection.exe」をダブルクリックします。セットアップウィザードが開始されます。

2.セットアップ言語の選択の画面にて、ご利用になりたい言語を選択してください。
(ここでは日本語を選択します。) 「OK」をクリックします。

3.「使用許諾契約」ダイアログ ボックスで使用許諾契約の条件を確認し、
同意する場合は「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

4.「Arcserve UDP コンソール」のステータスが、「アップグレードが必要」になっていることを確認します。
「Arcserve UDP コンソール」が選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

5.インストールする場所を指定または参照し、「次へ」をクリックします。

6.使用するプロトコル、コンソールポート、ユーザー名、パスワードがアップグレード前と同様であるかを確認し、「次へ」をクリックします。

7.利用するプログラムが Windows ファイアウォールの例外として登録されます。
「次へ」をクリックします。
8.セットアップの検証が完了し、インストールの準備が整うと、以下の画面が表示されます。
「次へ」をクリックします。

9.サマリ画面が表示されます。 「インストール」をクリックします。

10.インストールが開始されます。

11.インストールが完了したら、「更新を今すぐ確認する」のチェックを外し、「完了」をクリックします。

注釈

アップグレード後、Arcserve UDP v6.5 の画像が残る場合があります。ブラウザのキャッシュ履歴を削除することで、画像を最新化することができます(機能については問題ありません)。


以上でアップグレードは完了です。
アップグレード完了後、ライセンスキーを更新して下さい。ライセンスキーの更新方法については構成ガイド「ライセンスキー更新編」をご参照ください。