3. 用語について


ECL2.0のご利用環境でArcserveをご利用になる際は、いくつかの用語をご理解いただくことで、インストールや設定をスムーズに行うことができます。ここではArcserveの各用語をご説明します。

※ 区分:E=ECL2.0関連用語、A=Arcserve関連用語、I=一般用語

用語 説明 区分
ECL2.0カスタマポータル
ECL2.0のご契約者に提供される、ポータルサイト。
※ 詳細はECL2.0ご利用ガイドを参照。
E
ECL2.0コンソール
ECL2.0のゲストOSを操作するコンソール。
E
ISOファイル
CDのイメージファイル。
I
インストールメディア
Arcserve社のサイトからダウンロードしたインストール用イメージファイル。
A
コンポーネント
インストールメディアの中で機能ごとに分割されている単位。
「Arcserve UDPコンソール」、「Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ」、「Arcserve UDPエージェント」等がある。
A
バックアッププラン
Arcserveでバックアップを実行する際の実行タスク。
スケジュール、その他条件などを設定できる。
A
バックアップ対象サーバ、バックアップ対象ノード
バックアップの実施が必要なサーバ。
A
復旧メディア
リストアする際にCDブートに必要なISOファイル。
A
リモートインストール
Arcserve UDPコンソールから、複数のバックアップ対象サーバに対して、リモートでインストール作業を一括して実施することができる。(Windowsのみ)
A
単体型
バックアップ対象サーバが少数の場合に、バックアップ対象サーバへエージェントをインストールして、バックアップ対象サーバでスケジュールや各種条件等を設定し利用する構成。
対して、複数のバックアップ対象サーバをArcserve UDPコンソールで一元管理する集中管理型がある。
A
Arcserve UDPエージェント
バックアップを実行するコンポーネント。
単体でもスケジュール設定やバックアップ、リストアを行うことができる。
A
集中管理型
複数のバックアップ対象サーバを一元管理して利用する構成。
A
Arcserve UDPコンソール
Arcserveで集中管理型バックアップ運用を行う為に必要なコンポーネント。
複数のエージェントの集中管理画面を提供し、スケジュールの設定やレポートの作成等を行う。
A
Arcserve 復旧ポイントサーバ
バックアップデータの保管庫(データストア)を提供するコンポーネント。
エージェントから受け取ったバックアップデータを指定の場所に書き出す処理を代行する。
バックアップデータの管理に留まらず、重複排除、バックアップデータの遠隔転送やマージの機能を提供する。
A