1.4.1. Windowsエージェントのリモートインストール



1.対象のノードを右クリックし、「エージェントのインストール/アップグレード」を選択します。

2.「インストール場所」、「ポート」、「プロトコル」を設定します。(本事例では「変更の追跡ドライバのインストール」にチェックを入れたままにしています。)
「インストール/アップグレードの実行」において、「すぐに実行」または「実行時刻」を選択します。本事例では、「すぐに実行」を選択します。
選択後、「OK」をクリックします。

3.エージェントのインストールが完了します。

4.対象となったサーバーで「プログラムと機能」を開き、エージェントがインストールされていることを確認します。

以上でエージェントのリモートインストールは完了です。